このページの本文へ

庫内業務の進捗可視化アプリ「ロジメーター」、21年3月末まで無償利用可能に

2020年09月11日 11時46分更新

文● 株式会社KURANDO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社KURANDO
物流ソリューションプロバイダーのITスタートアップ企業、株式会社KURANDO(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡澤 一弘)は新型コロナウィルスによる厳しい状況下において、変わらずライフラインとして運営されている物流業界のため、同社が提供している庫内作業可視化アプリ「ロジメーター」を2021年3月分まで無償利用を可能とするキャンペーンを実施すると発表した


ロジメーターの概要



ロジメーターは、倉庫内業務を可視化するアプリである。
同アプリは、庫内における作業内容をタブレットに登録することで、リアルタイムでの作業進捗把握が可能となるシステムである。これにより、作業進捗に応じたレイバーコントロール(作業量に合わせた適切な人員配置)や生産性分析、作業改善につなげることができ、日々の作業生産性が向上する。





直観的な操作で利用できるシステムとして開発され、汎用的なPCとタブレットで利用できる。

大手3PLを中心に数十の拠点で利用されエリアや取り扱い荷種を選ばず、どの現場でも利用できることも強み。
これまで複数の荷主を持つマルチ型の倉庫や、作業人員が50名を超える中~大規模の現場での採用実績が多い。


キャンペーン実施の背景:先の読めない社会情勢下こそデータ管理を

物流現場では日々の出荷量の変化をそれまでの予測や作業生産性に応じて、人員配置を変更することで、適切な費用で物流サービスを届けている。だが、新型コロナウィルスによる商品供給波動の大型変化は従来の手集計による管理では、対応が間に合わなくなっている状況が発生している。
ロジメーターは、それらの集計業務を簡単にし、かつ即反映されるものであり、このような状況下でこそ価値があるものである。従来から初期費用不要の使いやすいサービスだったがこの厳しい社会情勢を鑑み2021年3月利用分まで、希望企業への無償化に踏み切った。

キャンペーン概要

2020年9月現在~2021年3月31日までのロジメーター利用料を無償とする。(PC、タブレット、インターネット回線費は除く)
【対象企業】全ての既存契約顧客と、新規申込の先着100センター
【申込期間】2020年10月末まで
【申し込み方法】同社ホームページにあるトライアル相談フォーム(https://info.logimeter.io/info/148/)に必要事項を記入し申し込み

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン