このページの本文へ

クリエイターのためのライブ&コンテンツ配信アプリ I'pinx(アイピンクス)が 複数のクリエイターと共同で 最高のオンライン創作活動の実現 に向けた取り組みを始動

2020年09月09日 10時00分更新

文● SingulaNet株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SingulaNet株式会社



I'pinxでクリエイターがチャレンジ!


<参加クリエイター (敬称略)>
Mokkun: 音楽プロデューサー(楽曲制作)、ギター教授



I'pinxの限定配信機能を利用して音楽家向けにチケット制のオンライン作曲講習やギター講習などを予定
I'pinxのメインテーマ曲を作曲
SNS: https://twitter.com/mk_666_k



藍川シエロ: フェチグラビアモデルとして活躍



I'pinxのライブコマース機能を通して自主製作の写真集の販売を予定
SNS: https://twitter.com/aikawa_siero


アイピンクスでは、そのほかにも一緒にチャレンジをしてくれるクリエイターやメディア関係者を募集しています。ご興味のあるクリエイター・メディア関係者の方はこちらまで:
ツイッター @official_ipinx
メール official@ipinx-edge.jp


I'pinxからクリエイターの皆さんへ

ライブ配信を通した表現活動に挑戦したことがあるクリエイターや、クリエイターの原石の皆さんにお伝えしたいことがあります。

クリエイターである皆さんは、イマジネーションを何らかの形に変えて多くの人に伝えるために、表現力を身に着ける努力をし、自らが生み出すひとつずつの作品やパフォーマンスを大切にし、それらを発表する場所を求め、同時にサポートしてくれる人を探していると思います。


そんなあなたの中で眠るイマジネーションは、
どのような場所に持ち出せば、それを求める人々に届けることができるのでしょうか
コロナ禍を経て、オンラインの世界が舞台装置としての重要性を増しました。


★クリエイターによるライブ配信★

このような時代性の中で、あなたはライブ配信アプリケーションと出会ったのでしょう。
ライブ配信アプリケーションを利用することで、クリエイターは、応援してくれるリスナーとオンライン上で簡単につながることができるようになりました。これはかつての人類には出来なかったコミュニケーションのひとつの新たな可能性であることに間違いはありません。

しかし、そのような可能性を持ったライブ配信アプリケーションであるはずなのに、表現活動を続けようとすると多くのクリエイターがある違和感を感じることになります。

あなたもこう感じたことはないでしょうか?
「ライブ配信をしなければいけないプレッシャーがきつい・・・」
「リスナーや他のライバーとのコミュニケーションがしんどい・・・」


このようなストレスの原因は何でしょうか。共通して言えるのは、多くのライブ配信アプリケーションが、あなたのことを収益を生み出すための歯車のひとつとして組み込む戦略に支配されていることです。


歯車のひとつが全体の流れと異なる動きをすることは容易ではありません。ハーバード・ビジネス・スクールの経営学者の大物、アルフレッド・チャンドラーは「組織は戦略に従う(Strategy and Structure)」と言いました。
この言葉が意味することは、ある組織やコミュニティに所属する人は、大きな危機に直面しない限り、その方針に沿った行動を起こすということです。


つまり、あなたはライブ配信アプリケーションの収益を生み出すためにライブ配信をすることを強いられているのです。これがストレスの原因の正体です。

そのアプリケーションは、収益を上げるために、あなたが少しでも多くの時間をライブ配信に充てることを求めています。そのアプリケーションは、あなたを上位ランカーに押し上げるために、あなたのファンが多くの投げ銭をすることを求めています。
これらのストレスの元が、クリエイターの創作活動の妨げにすらなりうることに少なからずのクリエイターが気がついていることでしょう。


★クリエイターの自由とライブ配信★

私たちにはクリエイターの皆さんに伝えたいことがあります。



クリエイターのあなたは、必要以上に多くの時間をライブ配信に費やすことがなく、
あなたのファンが無理をして投げ銭をすることはなく、
あなたが、日々の生活の中で大いに創作活動に時間を充てられ、
あなたのファンは、その創作活動とあなたのサービスを通して楽しさを享受することができる。
それが、あなたが本当に求めていることであるならば、私たちはそのためにあなたのお役に立てる準備があります。


私たちが用意した新たなサービスを体験して、自由な世界を手にしてください。ライブ配信のプレッシャーから解放された、新たなライブ配信経験があなたを待っています。




私たちのアプリケーションでは、ライブ配信を通してクリエイターのハンドメイドのデジタル作品やパフォーマンスをファンの皆さんに販売することができます。
ライブ配信のためのライブ配信ではなく、あなたが作品やパフォーマンスを発表し、ファンに購入してもらうためのライブ配信です。



それが私たちが用意した新しいライブ配信アプリケーションです。


★クリエイターのための新たなプラットフォーム★

私たちは、クリエイターがライブ配信と創作活動のバランスを最善の状態で保てるようにするために、これまでの常識を覆し、全てのアプリケーションサービスをWEB技術で構築しました。


これによって、AppStoreやGooglePlayに支払うプラットフォーム税は必要なくなり、クリエイターに支払う報酬を一般のライブ配信アプリよりも高く、常時50%以上に引き上げることが可能になりました。
ライブ配信の時間が短くても収益を上げやすい環境が、実現できるのです。

さらに、アプリケーションの開発サイクルを高速化し、どのプラットフォームよりも早くサービス開発を実現できる環境を整えました。私たちは、クリエイターからの改善要望や機能強化の声を受け取ってからたった2日後には、本番サービスに反映させることができます。私たちはどのサービスよりも早くクリエイターの声に応えることができるアプリケーションであろうとしています。

私たちのアプリケーションはすべてのサービスがWEB技術で構成されているにもかかわらず、スマートフォンのネイティブアプリと同等の機能や性能を有しています。

遅延のないライブ配信
AIを搭載した顔認識エフェクト機能
GPU演算を利用したリッチなアニメーション表現
スマホアプリとして動作するユーザインタフェース
ブロックチェーン技術を活用したデータ保護

私たちは、クリエイターの皆さんにとって最高のライブ&コンテンツ配信プラットフォームを作りたいと心から願っています。この方針に賛同してくれた複数のクリエイターの方々が、このプラットフォームの世界を一緒に広げようとしてくれています。

9月8日現在のI'pinxユーザ
 クリエイター登録者数:40
 ユニークユーザ訪問者数:300

----------
アイピンクスでは一緒に成長してくれるクリエイターやメディア関係者を募集しています。ご興味のあるクリエイター・メディア関係者の方はこちらまで:
ツイッター @official_ipinx
メール official@ipinx-edge.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン