このページの本文へ

オンライン結婚式プロデュースの「HAKU wedding online」が、ARでゲストをおもてなしできるオリジナルSnapchatフィルターの提供を開始!

2020年09月03日 10時00分更新

文● 株式会社スペサン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社スペサン
オンラインとオフラインを掛け合わせた新しい演出方法で、集まれなくてもゲストに驚きと感動を与えるオリジナルウェディングを実現します!

オンライン結婚式のプロデュースサービス「HAKU wedding online(https://weddingonline.haku-cb.com/l)」を運営する株式会社スペサン(本社:東京都文京区、以下スペサン)は、port W. LLC(本社:東京都世田谷区、代表パートナー:長村禎庸、以下port W.)と共同で、スマートフォンアプリ「Snapchat」上で使用できるオリジナルARエフェクトを開発し、HAKU wedding online のお客様への提供を開始致しました。




なお、port W.は、米Snap Inc.の出資先 Wabisabi Design, Inc. のAPAC独占パートナーであり、Snapchatで表現できる最先端、かつ高性能なARエフェクトを柔軟に作成することが可能です。





HAKU wedding onlineとは



HAKU wedding onlineは、スペサンが2020年5月1日にリリースしたオンライン結婚式プロデュースサービスです。「#結婚式を諦めない」をキーワードに、様々な事情から結婚式の延期が難しい新郎新婦様が結婚式を諦めなくて済むよう、Zoomなどのビデオ通話システムを活用し、物理的に集まらなくても行えるオンライン完結型の結婚式をプロデュースしています。従来からHAKUが提供していたサービス内容をベースに、オンラインでも「あなたの大切な人たちに 心から喜んでもらえる結婚式」を提供しており、新型コロナウィルスの状況下でも安全に結婚式を挙げられる方法を検討されているお客様から、多くのお問合せを頂いております。






ARエフェクト開発の背景

HAKU wedding onlineは、オンラインで結婚式をプロデュースするサービスですが、これまで多くのオリジナルウェディングをプロデュースしてきた強みを活かし、オフラインのツールを用いた演出を取り入れていることが特徴です。「ウェディングキット」と呼ばれる箱の中に、新郎新婦様のプロフィールブックや乾杯用のドリンク、ゲスト一人一人へ宛てた手紙などを入れ、事前にゲストの手元にお送りします。


こういった、新郎新婦様からゲストの皆様へ、離れていても想いを届けられる様々なツールや演出方法を検討する中で、ただ物理的なアイテムが届くだけでなく、そこにARエフェクトを組み合わせることで、より自由度が高く、さらにゲストに驚きや喜びを与える演出が提供できると考えました。そして、その想いに共感して頂いた port W. の皆様の協力を頂きながら今回の開発に着手しました。


ARエフェクトの概要

今回開発したARエフェクトは米Snap Inc.が開発・提供するアプリ「Snapchat」上で使用できるものになります。送付されたウェディングキットの表面に印刷されたARマーカーを、Snapchatを起動したスマートフォンのカメラで読み込むことによって、ARエフェクトが出現します。

▼ARマーカー


▼ARマーカーを読み取った様子


ゲストは、自身のスマートフォンにアプリをインストールするだけで簡単にエフェクトを楽しむことができ、エフェクトが出現した状態の写真を撮影することで、SNSなどにも投稿できます。結婚式当日までの期間や、当日のパーティー中など、ゲストがSNSに写真をアップすることで、新郎新婦のおふたりへの祝福の気持ちを届けることができます。

新郎新婦のおふたりにとっても、オンラインでの結婚式という新しいスタイルを、ゲストのSNS投稿を通じて多くの知人・友人に知らせることができ、それをきっかけにして懐かしい友人と連絡を取り合うなど、改めて周囲との絆を深めることに繋がると考えています。


ARエフェクトのサンプル

エフェクトの種類は、今後も随時拡充していく予定ですが、現時点で提供可能なサンプルを以下にご紹介致します。

▼動画はこちら


1. カウントダウン
ARマーカーを読み込むと、画面上にパーティー当日までのカウントダウンが表示されます。ウェディングキットを受け取った瞬間から当日までの期間を、ワクワクしながら過ごして頂ける演出です。当日までキットを開けずに待っていて欲しい場合などはその旨を記載して、開封までのカウントダウンとして使うことも可能です。


2. ウェルカムメッセージ
カウントダウンが残り10秒を迎えた時点から、マーカーの周囲に新郎新婦のおふたりからのメッセージが1つずつ出現します。メッセージの内容は自由に変更することができ、最大9種類まで出現させることが可能です。


3. オープニングメッセージ
カウントダウン終了後、新たなメッセージが出現します。パーティー開始時刻に合わせてカウントダウンを設定していた場合は、このメッセージの出現と合わせてオンライン上で司会がパーティーをスタートするといった演出が可能です。


今後も、お客様のご要望を踏まえながら、より想いが伝わる、よりゲストに喜んでもらえるエフェクトを継続的に開発していく予定です。



今後の展望


HAKUでは、コロナ禍でも安全に想いを伝えることができる結婚式のプロデュースを、オンライン・オフラインともに行って参ります。オンラインかオフラインの二者択一というわけではなく、両者を掛け合わせたハイブリッド型のウェディングなどを希望されるお客様も増えており、お客様の想いに寄り添えるオーダーメイド型の結婚式は今後ますます重要になると考えています。

そうした状況において、HAKUがこれまでに培ってきた様々な場所で自由な演出を実現するプロデュース力は、大きな強みになると感じており、実施の方法を限定せず、お客様のご要望と安全性を両立させられる結婚式のプロデュースを引き続き行えるよう、邁進していきます。

今回のARエフェクト開発のような、新郎新婦様からゲストの皆様への想いがより届きやすく、感動や喜びを分かち合えるサービスの開発には引き続き注力し、新しいチャレンジを続けて参ります。


■お問合せ先
本サービスについての取材やお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
お問い合わせを頂きましたら、順次弊社担当よりお返事致します。

TEL:(原則リモートワーク中に付き、お電話での問合せをご遠慮頂いております)
MAIL:contact@sp-thanks.com
PR担当宛て


■株式会社スペサンについて
株式会社スペサンは「大切な人を想う幸せが 連鎖する世界を創る」をビジョンとし、多くの人の幸せに貢献するための事業を展開しています。

【BtoC 領域】
・オーダーメイドサプライズプロデュース「Surprise Holic」
https://surprise-holic.com/
・大切な人たちに心から喜んでもらえるオリジナルウェディング「HAKU」
https://haku-cb.com/

【BtoB 領域】
・働く人を幸せにするインナーコミュニケーションコンサルティング「Special Thanks」
https://sp-thanks.com/cho/

私たちは、あらゆる個人と法人のCHO(Chief Happiness Officer)として、ライフイベントをより心震える瞬間にして、大切な人たちとの絆を深めたい皆様、そして、社員の幸福度向上を通じて、中長期的な成長を目指す企業の皆様のお役に立てますよう、これからも邁進して参ります。

<会社概要>
会社名:株式会社スペサン(Special Thanks Inc.)
設立:2015年4月
本社所在地:東京都文京区白山1-28-9
代表者:代表取締役 植松健佑
資本金:9,000,000円
事業内容:サプライズプロデュース事業/オリジナルウェディング事業 / 各種イベント・パーティーなどの総合演出
URL:http://www.sp-thanks.com


■port W.LLC について
ARを活用したコンテンツの企画開発やプロモーションの企画を主軸とした、AR Marketing & Creative Studio です。日本のモバイルマーケティングのトレンドを創造してきたプロフェッショナルチームが、ARを活用したDXを、プランニングから、企画・制作・運用までトータルプロデュースします。

米Snap Inc.の出資先 Wabisabi Design, Inc. のAPAC独占パートナーであることの強みを活かしたSnapchatでの開発はもちろん、Facebook / InstagramなどでのSNSプロモーションからオフラインサイネージ、リアルビジネスのDXまで幅広く事業展開しています。

<会社概要>
会社名:port W.LLC
設立:2020年3月30日
本社所在地:東京都世田谷区池尻 2-7-12
代表者:長村禎庸
事業内容:ARコンテンツ企画・開発、ARプロモーション企画、ARを活用したDX推進
URL:https://www.portw-ar.com/

※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン