このページの本文へ

yathar、システム開発・Web制作・クラウドインフラ構築サービス「yathar Tech」リリース

2020年09月02日 10時00分更新

文● yathar

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

yathar
自社サービスのノウハウを活用し、低コストかつ高品質なシステム開発を実現

ミャンマー国内No1シェアのグルメ・ビューティープラットフォーム「yathar(ヤター)」を展開する yathar Myanmar Co., Ltd.(本社:ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)、yathar Pte. Ltd.(本社:シンガポール)、代表:市川 俊介)は、システム開発・Web制作・クラウドインフラ構築サービス「yathar Tech」をリリース致しました。






サービスの概要


「yathar Tech」は、yatharが自社開発で培った技術力とノウハウを活用し、クライアントのシステム開発、Webサイト制作、クラウドインフラ構築を請け負うサービスです。
https://yathar.com/tech

主な特長は以下のとおりです。

1. 世界に認められた技術力

yatharはミャンマーにおいてグルメ・ビューティプラットフォームとして国内ダウンロード数、MAU数No.1の実績(※)を持ち、外食・美容産業の活性化に大きく貢献しております。
(※ Google PlayおよびApp Storeにて、ミャンマー国内向けにリリースされている「フード&ドリンク」カテゴリーのアプリ内。当社調べ)
2019年には「The Internet Conference」の選ぶ「Top 50 Tech Companies Award」を受賞しており、高い技術力が評価されております。
本サービスでは、世界に認められた技術力を持つチームが開発やディレクションを担当。高いクオリティのシステムを実現します。

2. 圧倒的な低コスト
ミャンマーでは諸外国に比べエンジニアの人件費が安く、近年は日本や欧米からのオフショア開発先として注目されております。
yatharでは現地採用エンジニアと、日系エンジニアを中心としたハイレベルの開発者が共同で開発していくため、ローカルのアウトソース開発業者と同等の低コストで、かつ高品質の開発が可能です。

3. スケーラブルなシステム設計
yatharはグローバルな設計で多国籍に自社サービスを展開しています。
その運用ノウハウを活かして、レイテンシへの対応やCDN、複数リージョンでのサーバー構築やインフラ設計など、グローバル展開で悩みがちな問題を解決します。
また業界標準の技術を採用し、AWS、Azure、GCPなどのクラウドサービスの運用構築経験も豊富。海外展開を見据えたサービスにぴったりです。

yatharは今後もミャンマーから世界をリードするテックカンパニーとして、ユーザーと社会に貢献するサービスを提供してまいります。



yatharについて


・サービス名:yathar(ミャンマー語で「味」という意味を表す)
・ウェブサイト:https://yathar.com

yathar Pte. Ltd.
・所在地:8 Wilkie Road #03-01, Wilkie Edge Singapore 228051
・代表者:市川 俊介
・資本金:895 千 USドル
・設立:2020 年 4 月

yathar Myanmar Co., Ltd.
・所在地:No-17, 5 Floor, Kwat Thit Street, Kyi Taw Ward, Mingalar Taung Nyunt Township, Yangon, Myanmar
・代表者:市川 俊介
・資本金:1,060 千 USドル
・設立:2018 年 2 月

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン