16GBメモリーと512GB SSDを標準搭載

MSI、第10世代Core i7/Quadro P620搭載でシリーズ最軽量のモバイルワークステーション

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは8月27日、グラフィックスにQuadro P620を搭載するモバイルワークステーション「WF65-10TH-1216JP」を発売すると発表した。価格は18万5000円前後で、9月3日から販売を開始する。

 本モデルは、CPUにCore i7-10750Hを搭載し、マルチタスクでも高速かつ快適に動作するという。また、Quadro P620の採用により3D CADやプロフェッショナル向け編集ソフトなどを用いた作業も可能とした。

 標準構成で16GBメモリーと512GB SSDを搭載するため、メモリー不足に陥ることなく、OSの起動やデータの読み込み・書き込みなども高速だとうたう。そのほかのスペックは、チップセットがHM470、バッテリー容量が4500mAh。インターフェースとして、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×1、HDMI×1、ヘッドホン出力×1、マイク入力×1を装備する。

 本体サイズ/重さは、およそ幅359×奥行き254×高さ21.7mm/およそ1.86kgで、MSIモバイルワークステーションの最軽量モデルとのこと。詳細スペックは以下のとおり。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月