このページの本文へ

ノートPCとGPUボックスを組み合わせて8K動画を編集なのだ

Dynabookが「8K映像編集システム」を40万円台で発売 = 8Kテレビに接続可能

2020年08月19日 11時00分更新

文● 編集 ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 Dynabook社は8月19日、4KノートPCとGPUボックスをセットにした「8K映像編集システム」を発表し、同日から受注を開始した。ハードウェアシステムとして40万円台後半になるという。

GPUボックスにQuadro RTX4000を装着し
8Kテレビや8Kモニターに出力可能に

 今回発表となった「8K映像編集システム」は、dynabook Z95とThunderbolt3接続のGPU Boxを組み合わせたものである。

 dynabook Z95は軽量モバイルZシリーズの最上位モデルで、CPUは第10世代Core i7-10710Uを搭載、メモリは32GBに1TBのSSDを搭載.液晶は15.6型シャープ製IGZOの4K=UHDで、重量は1.425キロ、バッテリは11時間駆動となっている。

 GPU Boxはデスクトップ用のNVIDIAグラフィックカードを利用でき、85WのPower DeliveryをサポートするThunderbolt3で接続し、ノートPCへの電源も供給する。カードはQuadro RTX4000を搭載し、8K出力が可能となっている。

 サイズは357×135×266ミリで、重量は約4キロ、ディスプレイ出力はDisplayPort×3とUSBタイプC×1.

 基本的には受注によりカスタマイズして出荷するシステムだが、40万円台後半で8K動画が編集可能となる(Adobe Premiere Proは別途費用がかかる)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン