このページの本文へ

不動産営業支援システム「プロポクラウド」がコロナ禍で129%の伸長

2020年08月03日 10時02分更新

文● 株式会社Housmart

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Housmart
~不動産仲介会社におけるSaaS定着化に向けてサポートページを開設~

不動産仲介会社向けの営業支援システム「プロポクラウド」を提供する株式会社Housmart(本社:東京都中央区、代表取締役:針山 昌幸、以下:ハウスマート)は、新型コロナウイルスの影響を受け、新規導入および既存導入企業における導入店舗の拡大が増加しています。そのため、2020年7月の導入店舗数は同年4月対比で129%となりました。



■129%に伸長した背景
新型コロナウイルスの影響により、従来通りの来店や物件見学が困難になったことから不動産仲介会社は営業手法に関して試行錯誤されている状況です。従来の不動産営業では限界があると感じられ、これを機に新しい営業スタイルを築こうと、不動産仲介会社におけるDX化が進み始めています。そのため、このような状況下でも営業担当者に代わってお客様の希望条件に合った物件情報を自動送信するプロポクラウドの導入が伸長しています。

■導入企業をしっかりサポート
新規のお客様との接点を持つことが難しい状況のため、業績を維持するためには既存のお客様と繋がり続けることが重要です。大切なお客様と繋がり続けるためには人力では限界があるため、プロポクラウドを活用していただき、導入企業の業績に貢献できるようサポートの充足を図ります。
その1つとして、導入企業向けのサポートページをweb上に開設します。(https://support.propo.co.jp/
また、「プロポアカデミー」と題した、活用方法のレクチャーや「こんな時どうする?」に応えるオンラインセミナーを定期的に開催します。

■プロポクラウド サポートページについて
プロポクラウド導入企業を対象としたサポートページには、マニュアルや初期設定、新規機能の使い方を実際のシステム画像を用いてわかりやすく解説するだけでなく、見込み顧客へのアプローチ方法など、システムを活用した営業手法までも網羅した「使い方ガイド」があります。

なお、「よくある質問」にはサービスリリースから現在までの約2年間で多かった質問をリストアップし、回答しています。そのほか、動画コンテンツや他社の活用事例などを展開しています。今後もプロポクラウドをご利用いただいている皆さまに役立つコンテンツを充足させていきます。




■プロポクラウドとは
プロポクラウドは、営業担当者に代わってお客様の希望条件に合う中古マンション情報やマンション売却に関するコンテンツを自動でメール送信する、不動産仲介会社向けSaaS(営業支援システム)です。現在140店舗以上に導入されています。





サービス名:プロポクラウド
対象物件:居住用中古マンション(オーナーチェンジ物件除く)
対象エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
料金:月額5万円~(税抜)
詳細:https://propo.co.jp



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン