前へ 1 2 3 次へ

仕事はもちろん、YAMAHA製スピーカーやBlu-ray Discドライブでエンタメもバッチリ

Ryzen 7 Extreme Editionでテレワークもクリエイティブも︕ 8コア16スレッドCPU搭載"異次元”スタンダードノートPC<LAVIE N1585/AAL>

八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

<LAVIE N1585/AAL>

 NECパーソナルコンピュータの15.6型ノートパソコンで一番売れていたという<LAVIE Note Standard>がフルモデルチェンジを果たし、名称も<LAVIE N15>シリーズに改められて新登場した。<LAVIE N15>は全部で6モデル用意されているが、個人的に注目しているのが最上位の<LAVIE N1585/AAL>だ。

 <LAVIE N1585/AAL>は、8コア/16スレッドの「AMD Ryzen 7 Extreme Edition」と呼ばれるプロセッサーを搭載。加えて、メモリーは16GB、ストレージは約1TB SSD(PCIe)と、普段作業だけでなくテレワークや写真・動画編集といったちょっと重めの作業もこなせる、スタンダードという枠をちょっとはみ出るくらいの性能を持っている。

 今回、「8コア/16スレッド 異次元スタンダード、登場。」と銘打った<LAVIE N1585/AAL>の試作機に触れることができたので、本機の魅⼒についてチェックしていこう。

おしゃれな配色が好印象
持ち運びにも対応するサイズ感

厚さはおよそ22.7mm。ひと昔前の15.6型ノートパソコンと比べると結構薄くなっている

 <LAVIE N1585/AAL>のサイズは、およそ幅362.4×奥行253.8×高さ22.7mmで、重さは約2.2kg。スタンダードノートパソコンとしては標準的なサイズと重さだが、ひと昔前の筐体と比べるとかなり薄く感じる。このサイズだと、毎日持ち運ぶのにはちょっとデカいかもしれないが、最近では在宅勤務が中心になってきており、たまに出社するというスタイルも増えてきているので、そういった「たまに出社する際に持ち運ぶ」程度であれば問題ない。最近では15.6型ノートパソコンに対応するリュックなども増えてきているので、用意すればより快適に持ち運び可能だ。

 また、個人的に好みなのが配色。<LAVIE N1585/AAL>は、ネイビーブルーを基調としており、ブラックやホワイトとは違う遊び心がありつつ、仕事でも違和感なく使えるオトナな雰囲気も醸し出している。加えて、天板のロゴやキーボードの文字などは、飴色に近いカラーで統一してある。この配色がネイビーブルーと相性がよく、パッとみただけでも「オシャレな筐体」だなと感じた。

ネイビーブルーを基調とした本体ボディーは、大人っぽく高級感がある

広角視野のIPSパネルで人と人の距離を保ったまま情報共有

ディスプレーは広角視野のIPSパネルを採用し、斜めからでも見やすい

 1920×1080ドットのディスプレーは、広角視野のIPSパネルを採用している。会社などで1つの画面で情報を共有する際、今まで以上に人との距離を離して画面を観なくてはいけない。そういったときに、斜めからでも問題なく情報が確認できるのは便利だ。

 また、オンライン会議が普通になってきている昨今では、会議の画面を表示したままメモを取るといった作業も増えてきているが、モバイルノートパソコンのディスプレーサイズだと少し厳しいものがある。スマホはもちろんのこと、モバイルノートパソコンなどと比べると、大画面な15.6型くらいのディスプレーサイズがあれば、オンライン会議中のメモをとったり、共有された会議資料をみるのも快適にこなせるのはうれしいポイントだと感じた。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月