このページの本文へ

資生堂ジャパン、「SHISEIDO」体験型新店舗のブランドサイトにWOVN.ioを導入

2020年07月31日 08時00分更新

文● Wovn Technologies 株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Wovn Technologies 株式会社
~外国人のお客さまに向けた、多言語体験を実現~

Wovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 鷹治)が提供するWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」が、資生堂ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長 兼 社長:魚谷 雅彦)が展開する化粧品ブランド「SHISEIDO」の体験型新店舗のブランドサイトの店舗体験レッスン予約に導入され、7月31日(金)より多言語での公開を開始致しました。



■導入の背景
「SHISEIDO」は、2020年7月31日(金)に初のブランド旗艦店GLOBAL FLAGSHIP STOREを銀座にオープンいたしました。本施設は「SHISEIDO」が展開する路面店としては世界最大規模の体験型店舗であり、銀座を訪れる国内外のお客さまにSHISEIDOブランドの世界観を発信します。「SHISEIDO」ならではのヒューマンタッチと最新のテクノロジーを融合させたブランド体験を提供します。

店舗のブランドサイト内では、店舗で行う体験レッスンの予約と体験結果の確認を行えます。より多くの国内外のお客さまにブランド体験を受けていただくために、店舗のブランドサイトに「WOVN.io」を導入し体験レッスン予約・体験結果確認画面の多言語対応を行いました。


■導入サイトについて(https://www.shiseido.co.jp/ginza/
現在、「SHISEIDO」GLOBAL FLAGSHIP STOREサイトの事前予約コンテンツ・体験結果確認画面を英語、簡体字、繁体字で公開しています。


■今後の展望
「SHISEIDO」は、美への探求心を刺激する旗艦店ならではのブランド体験を通じて、新しいお客さまとの出会いを拡大し、ブランドの認知・理解の促進を図ります。さらに、世界中のお客さまに新たな自分の魅力を発見していただき、美しく豊かに生きることをサポートするチャレンジを今後も続けていきます。

WOVN.ioは、企業の国内外におけるブランディングの浸透をサポートするべく、Webサイト多言語化を推進してまいります。


■ブランド「SHISEIDO」について
1872年、東京銀座に生まれて以来、アートとサイエンスの融合で時代の美を創造し続けてきた資生堂。その名を冠し、カメリアマークを使用することが許された、ただひとつの化粧品ブランドです。全世界88の国と地域で共通のプロダクトとイメージを展開しています。

最新のスキンケアやメイクアップがもたらす外面の美しさは確かな自信と活力をもたらし、その内面の美しさはまた外へと引き出されます。外から内へ、内から外へ、美が循環し、周囲までもALIVE with Beautyに変えていく。そんな化粧の価値を提案していきます。


■Wovn Technologiesについて(https://wovn.io/ja/
Wovn Technologiesは、「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Webサイト・アプリを最大41言語(75の言語地域)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューション「WOVN.io」および「WOVN.app」の開発・運営をしています。「WOVN.io」は、大手企業をはじめ15,000サイト以上へ導入されています。既存のWebサイト・アプリに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。

企業情報
会社名  : Wovn Technologies株式会社
所在地  : 東京都港区三田4-1-27 FBR 三田ビル8階
代表   : 代表取締役社長 林 鷹治
設立   : 2014年3月
資本金  : 17億5,081万円(資本準備金含む)※2019年12月末時点
事業内容 : Web多言語化ソリューション「WOVN.io」、
       アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」の運営
URL   : https://wovn.io/ja/

本件に対するお問い合わせ
Wovn Technologies株式会社 広報 大森
prtm@wovn.io
03-4405-9509

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン