このページの本文へ

OLTA、楽天銀行と提携サービスを開始

2020年06月29日 15時00分更新

文● OLTA

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

OLTA
楽天銀行「かんたん申込」との連携開始

日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株式会社(代表取締役CEO:澤岻 優紀、以下、OLTA)は、楽天銀行株式会社(代表取締役社長:永井 啓之、以下 、楽天銀行)と提携サービスを開始しました。 この取り組みによって、楽天銀行と取引のある中小企業や個人事業主の方々が、より手軽にOLTAのサービスにお申込み頂くことが可能になります。本サービスを通じ、より多くの中小事業者の資金繰り改善・経営サポートに注力してまいります。



■サービス開始の背景
中小事業者の多くは売掛先からの入金が遅く、資金調達の選択肢も少ないことから資金繰りの悩みを抱えています。それに対し、OLTAは請求書をオンラインで買取する「クラウドファクタリング」を通じて、中小事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供しています。
楽天銀行口座を持つ法人企業は、OLTAが提供する「クラウドファクタリング」の申込みに際して楽天銀行ウェブサイト内の「かんたん申込」から利用が可能となります。OLTAは、「クラウドファクタリング」のサービスを通して、お客様に信頼されるパートナーとなることを目指すとともに、事業者の皆様の業務効率化や成長施策の支援に積極的に取り組んでまいります。

■「かんたん申込」サービスはこちらから
https://www.rakuten-bank.co.jp/business/affiliated/kantan-application/


■協業パートナーの募集
当社は、今後も新しい資金調達手段である「クラウドファクタリング」を共に推進いただける協業パートナーを募集しております。
スピーディーな連携が可能な「パートナー契約」、OEM提供により自社ブランドを活用した連携が可能である「OEM連携」など、ご要望に合わせて協業をご検討いただけます。

お問い合わせはこちらから:https://www.olta.co.jp/lp/partner/


■OLTAについて
約20万社の法人データに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供。サービス提供開始後、約2年で申込総額は200億円を突破。
「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」というミッションを掲げ、クラウドファクタリングの普及に向けて、全国の金融機関やSaaS企業などと幅広く連携していく予定です。


■楽天銀行について
楽天銀行(旧イーバンク銀行)は日本最大級のインターネット銀行です。インターネットバンキングで各種お取引毎に「楽天ポイント」を貯められます。
「かんたん申込」を利用すると、法人口座をお持ちのお客さまは会社名や住所、電話番号などの法人登録情報※1を自ら入力せずに、法人向け旅行予約サービスや会員制福利厚生サービスなどの便利な提携サービスにスムーズにお申込いただくことが可能になります。提携サービスは順次拡大していく予定です。
楽天銀行は、今後もお客さまに魅力的な商品・サービスの提供を行ってまいります。
※1 法人登録情報は、会社名、代表者名、法人住所、法人電話番号、メールアドレス、法人種類などを指します。


■OLTA株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役CEO 澤岻 優紀
本社所在地:東京都港区南青山1丁目15-41 QCcube南青山115ビル 3F
設立 :2017年4月
資本金 :25億4,361万円(資本準備金含む)
事業内容 :クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供
URL :https://www.olta.co.jp/ (サービスサイト)
https://corp.olta.co.jp/ (コーポレートサイト)


■楽天銀行株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役社長 永井 啓之
本社所在地:東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
設立 :2000年1月
資本金 :25,954百万円
事業内容 :電子メディアによる銀行業
URL :https://www.rakuten-bank.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン