このページの本文へ

HOME OS「v-ex」新機能『電力の見える化』をリリース

2020年06月23日 13時10分更新

文● 株式会社SOUSEI Technology

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社SOUSEI Technology
株式会社SOUSEI Technology(東京都港区、代表取締役:乃村一政)は、2020年6月23日(火)、住宅IoTプラットフォーム HOME OS「v-ex」の新機能として分電盤で計測している「電力の見える化」機能をリリースしました。連携分電盤として河村電器産業株式会社が提供している「HEMS対応 enステーション EcoEye」との連携を開始しました。


【HOME OS 「v-ex」とは】
HOME OSを搭載した端末を中心に構成されたIoTシステム。複数の通信インターフェースに対応し、さまざまな建材やIoT機器と連携することができます。HOME OS「v-ex」は建材商社を通して住宅会社に販売されます。また、初期設定や物件引き渡し後のアフターサポートまで全てパッケージで提供することで住宅会社の手間やコストを抑えることができます。


【概要】
今回追加した「電力の見える化」機能は、日常で使用している電気をいつでもアプリで閲覧でき、電力消費量を確認することが可能です。電力消費量を可視化することで、利用者の省エネ行動を促進し、結果として節電に繋げることができます。

「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」が普及している中で、v-exにおいても、様々な観点から住宅IoTの推進を実施していき、住宅IoTを提供する各社の強みや独自性を最大限に発揮できる水平統合型のプラットフォームを目指していきます。弊社は今後も新しい住宅体験を提供できるよう、一層のサービス向上に努めて参ります。

■株式会社SOUSEI Technologyについて
株式会社SOUSEI Technologyは、住宅ビルダー事業において設立6年で奈良県注文建築棟数トップクラスに成長したSOUSEI株式会社が2015年7月に新設したIT事業部を2018年8月に独立し設立しました。マイホームアプリ「knot」とHOME OS「v-ex」など、住宅テックに特化した開発事業を展開しています。

社名:株式会社SOUSEI Technology
所在地:東京都港区赤坂6‐4‐10 赤坂ZENビル4F
代表者:代表取締役 乃村 一政
事業内容:マイホームアプリ「knot」開発・運営、住宅IoTプラットフォーム「HOME OS v-ex」開発・運営ホームページURL:https://sousei-tech.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン