このページの本文へ

アート作品を1万円から共同保有できる「ANDART」、サービス内作品紹介ページをリニューアル。現代アート作品のオークション市場データやメディア掲載情報を追加。

2020年03月31日 12時02分更新

文● 株式会社ANDART

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ANDART
株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、サービスサイト内のアーティスト・作品の紹介ページのデザインリニューアルと共に、追加機能をリリースしたことをお知らせいたします。一部の機能は会員限定コンテンツ(無料)として、アートビギナーが入手しづらいオークション市場情報や最新のメディアニュースなども随時提供します。









ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から共同保有できる日本初の会員権プラットフォームです。”日本中をみんなの美術館に”をコンセプトに共同保有された作品は明治神宮、虎ノ門ヒルズ、GINZA SIX内など公共展示され、作品オーナー(会員権購入者)はオーナー限定の優待を受けることができます。ANDARTでは2019年6月のβ版リリース以降6作品の販売を行い、現在取扱高は累計1.2億円を突破いたしました。


サービスURL:https://and-art.jp/
Twitter   :https://twitter.com/ANDART_official



アップデート1.:オークションデータ


作家のセカンダリー市場(オークション)における需要の高さを可視化することで、アートビギナーにとっても作家や作品への理解を深められるよう、過去のオークションでの落札実績(落札額の成長推移、最高落札価格を記録した作品等)を作家ごとにまとめたデータを作品ページ内で掲載開始いたしました。

<表示項目例>
・作家のオークション落札総額の年次推移
・最高落札価格を記録した作品一覧
・オークション落札率
・ANDART取り扱い作品と類似モチーフの過去落札実績 etc.
※サービス内で完売している作家のデータに関しては、既存オーナー(オーナー権保有者)のみが閲覧可能です。



アップデート2.:最新メディア情報


アートに関する情報を手に入れる方法がわからないというサービス利用ユーザーの皆様のご意見を受け、アーティストの最新動向や、他社メディアでのインタビュー記事等をご紹介する機能を追加いたしました。




アップデート3.:オウンドメディア『NEW ART STYLE』オープン


アートビギナーがアートに関しての理解を深める一助になるべく、サービス内では伝えきれないアーティストの経歴や作風の紹介を行うArtist Wikiや、利用ユーザーの方々へのインタビューやサービス方向性に関する経営陣の対談記事など自社での記事掲載を開始いたしました。今後はアートコレクターやギャラリスト、アーティストの方々へのインタビューも随時公開してまいります。

『NEW ART STYLE』 https://media.and-art.jp/




会員限定で開示している情報の閲覧方法


ANDARTへ会員登録後、サービスページ内でご注文いただけます。
1.ANDARTへ会員登録(無料)
 https://and-art.jp/
2.各作品ページへアクセス
 https://and-art.jp/works/
無料会員登録後、オーナーになっていない状態で上記情報全てを閲覧頂けるのは販売中の作品に限ります。

▼販売中の作品
・LAZY BONES(五木田智央)
・Untitled(Barry McGee)
・Liz(Andy Warhol)
・Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Years Old(荒木経惟)
・New York Couples(Julian Opie)


上記の3点のアップデートのみならず、作品についての理解を深めていただけるよう、コンテンツのタブ化やオーナー権購入後に受けられる優待内容の説明パートの改善を含めたデザインの全体リニューアルを行いました。今後もANDARTでは、これまでアートの購入・保有に対してハードルがあった方々へより多くの作品購入機会を提供するとともに、アートと人の新しい繋がり方を創出すべく、アートへの理解を深めてアート作品をデジタルアセットとしても楽しめるような機能や体験を提供してまいります。




会社概要


会社名 :株式会社ANDART
代表者 :松園詩織
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-8-5-102
設立  :2018年9月
HP  :https://and-art.co.jp/



これまでのメディア掲載


・Forbes「アートのオーナー権を少額から購入 作品を複数人で「共同保有」する日本初のサービスとは」https://forbesjapan.com/articles/detail/25926/1/1/1
・日本経済新聞「美術品取引 個人も気軽に スタートバーン、電子証明書で信頼感 アートゲート、数万円から共同購入」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43092080Z20C19A3FFR000/
・ワールドビジネスサテライト「日本初!アートを共同保有」番組内で特集頂きました。
・日経産業新聞「アートシェア登場、あなたも絵画の「一口オーナー」に https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53169980Q9A211C1X11000/
・GOETHE「シェアビジネスの新潮流! たった1万円で有名アート作品のオーナーになる!」https://goetheweb.jp/person/slug-na614b4991002
・Forbes「1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?」https://forbesjapan.com/articles/detail/31624
・TechCrunch「芸術をもっと身近に、1万円から共同保有できる「アートシェア」でマーケットに変革を」https://jp.techcrunch.com/2020/03/30/andart/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン