このページの本文へ

ゼンハイザー製の天井埋込マイクなど利用

ボーズ、遠隔会議用のソリューション「Bose Work」を発表

2020年03月11日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ボーズは3月10日、毎日の仕事の生産性を向上させるとうたう遠隔会議用ソリューション「Bose Work」を発表した。

 主な製品は、オールインワンUSB会議デバイス「Bose Videobar VB1」、ノイズキャンセリングヘッドホン「Bose Noise Cancelling Headphones 700 UC」、音声会議システム「Bose ES1 Ceiling Audio Solution」。

 Bose Videobar VB1は、2~3人が集まるようなミーティングスペースから中規模の会議室において、クリアなオーディオと映像を提供するとうたうオールインワンUSB会議デバイス。

 空間の音声を検出して収音、ノイズを除去する6基の自動ビームステアリングマイクを内蔵するほか、マルチメディアプレゼンテーションやBluetoothオーディオを部屋全体に広がる自然でクリアな音声で再生するという、独自のトランスデューサーも備える。

 そのほか、4K対応のウルトラHDカメラとオートフレーミング機能を搭載。プレゼンターやホワイトボードなど、室内の様子をクリアな映像で見ることができるとのこと。PCとはUSBケーブル1本で接続する。

 Bose Noise Cancelling Headphones 700 UCは、内蔵するアダプティブ8マイクシステムによりユーザーの声だけを抽出して、自然でクリアなサウンドを実現するというヘッドホン。電話、ビデオ通話、音楽とモードを切り替えられる。

 マイクアレイがノイズを検出して除去する機能も搭載し、テレワークで働く人や外出先から電話会議に参加する人でも、会議室にいるように参加できるとのこと。

 また、付属のUSB Link Bluetoothモジュールと組み合わせることで、PCとの中断の少ない安定した接続を実現できるとする。

 Bose ES1 Ceiling Audio Solutionは、音声システムが完全に統合された会議室を実現するとうたう包括的な会議システムソリューション。

 ゼンハイザー製の天井埋込マイク「TeamConnect Ceiling 2」とボーズの天井埋め込み型スピーカー「EdgeMax」、ボーズのアンプとDSPの組み合わせにより、シームレスなミーティングを可能にするという。

 壁や卓上のデバイスを最小限に抑え、参加者が立ったり、座ったり、室内を自由に動き回っても、お互いの声を認識できるとのこと。

 Bose Videobar VB1とBose Noise Cancelling Headphones 700 UCは、2020年中に発売予定としている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン