このページの本文へ

Cryptoeconomics Lab、Ethereum Foundationより2度目の助成金獲得

2020年03月05日 15時32分更新

文● 株式会社Cryptoeconomics Lab

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Cryptoeconomics Lab
ブロックチェーンアプリケーション開発を簡易化するフレームワーク提供開始間近

株式会社Cryptoeconomics Lab(以下、Cryptoeconomics Lab)は、このほど、Ethereum Foundationが運営する助成プログラム「Ecosystem Support Program」に2度目の採択を受けた事をお知らせいたします。


Cryptoeconomics Labでは、現在、分散型アプリケーション(以下、Dapps)開発フレームワークの提供に向けて開発を進めています。Ethereum Foundationの継続支援により、Ethereumブロックチェーン上にDapps構築を検討しているエンジニア・企業の皆さまに「開発エクスペリエンス向上」「取引の高速化」そして「堅牢なセキュリティ」を提供するための開発を加速していきます。

■ 本リリースのポイント


2019年10月、日本企業として初めて同プログラムに採択(LayerX社と同時)。
今回は2度目の採択となり、日本企業としては最多。
Ethereumのオフチェーンスケーリング技術「Plasma」が、2017年8月のホワイトペーパー発表から2年半の研究開発フェーズを経て、いよいよDapps開発への簡易実装フェーズへ。


■ ブロックチェーン社会実装に向けた課題とCryptoeconomics Labの打ち手
Cryptoeconomics Labでは、事業会社様との実証実験を通してブロックチェーンの社会実装に取り組んできました。その中で、以下の2つの課題領域に焦点をあてて、R&Dチームが自社プロダクト開発を進めてきました。



■ 今後について
フレームワークは、オープンソースソフトウェアとして今春、提供開始予定です。
<技術に関するご質問、弊社エンジニアによるハンズオンワークショップのご要望>
Telegramグループ「JP OVM Dev Group」@plasmaqanda
<本件に関するお問い合わせ>
info@cryptoeconomicslab.com

■ Plasma/OVM技術に関する参考資料
1. Plasmaホワイトペーパー:
https://www.plasma.io/plasma.pdf
2. Plasma Group(現Optimism)によるOVM提案:
https://medium.com/plasma-group/introducing-the-ovm-db253287af50
3. 弊社R&DエンジニアによるOVM解説記事:
https://medium.com/cryptoeconomics-lab/a-gentle-guide-to-the-ovm-934035646942

■株式会社Cryptoeconomics Lab
本社:東京都新宿区
代表取締役:片岡 拓
企業HP:https://www.cryptoeconomicslab.com
公式Twitter:https://twitter.com/cryptoeconlab

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン