このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る 第51回

第10世代プロセッサー搭載でさらに洗練

リモートワークの選択肢が必須の時代、新型VAIO SXシリーズの輝きが増す

2020年03月03日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モバイルワークの要であるビデオ会議では静音性が鍵

 これは従来のマシンでも同様だが、VAIO SXシリーズは静音キーボードを採用している。キーボードを叩く音が気になる、コワーキングスペースや図書館といった静寂な場所でも作業できる。加えて、働き方改革によってビデオ会議が導入されると、会議をしている最中のキーボードの音が非常にうるさく感じてしまう。このため、キーボードは極力静音でかつ打鍵感のいいマシンを選ぶのが賢い選択だ。

 VAIO SX12/SX14ともに、フルピッチのキーボードを採用。変な場所にキーがあるといったこともなく、正統派の配列なので、タイピングしやすいのも特徴である。チルトアップヒンジとあいまって、快適なタイピング環境は作業効率に大きく影響を及ぼす。

VAIO SX12のコンパクトなボディーサイズでもフルピッチを実現。

 このように新VAIO SX12/SX14は、Proシリーズとしては現状発売されていないものの、モバイルワークでの活用で、より快適かつ生産的であり、セキュリティー的にも高いレベルにあるといえる。同時発売されたアクセサリーと合わせて、VAIOブランドに統一して導入するのはいかがだろうか。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ