このページの本文へ

ASUS「PRIME H310M-D R2.0」

パラレルポートとシリアルポート搭載するH310マザーがASUSから

2020年01月16日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、H310チップセット搭載したマザーボード「PRIME H310M-D R2.0」が発売された。パラレルポートとシリアルポートを搭載する珍しいモデルだ。

H310チップセット搭載したマザーボード「PRIME H310M-D R2.0」

 CeleronやPentium Gなど、ローエンドな第8世代Coreプロセッサー(Coffee Lake-S)だけではなく、最新の第9世代Coreプロセッサー(Coffee Lake Refresh-S)にも対応するH310チップセット搭載のMicro ATXマザーボード。I/O部にパラレルポートとシリアルポートといったレガシーインターフェースを搭載しているのが特徴だ。

シンプルな作りのMicro ATXマザーボード。旧世代のパーツを組み合わせて使うのもアリ

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-2666/2400/2133、最大32GB)という構成。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)や8CH HDサウンド(Realtek ALC887 8CH HD Audio)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.1×4、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はHDMI、D-Sub。

I/O部にパラレルポートとシリアルポートといったレガシーインターフェースを搭載している

 価格は7255円(税抜)。TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中