このページの本文へ

RDNet対応によりフルリモートコントロールが可能なアクティブサブウーハー『SUB 915』および『SUB 918』を新発売

ティアック株式会社
2019年12月25日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ティアック株式会社

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、イタリアのPA/SRスピーカーブランドdBTechnologiesのデジタル制御が可能なアクティブサブウーハーの新製品『SUB 915』並びに『SUB918』を全国の設備機器代理店を通じて販売を開始いたします。











dBTechnologiesのあらゆるフルレンジスピーカーにベストマッチするサブウーハー


アクティブバスレフレックスサブウーハーのdBTechnologies『SUB 900』シリーズは、グランドスタック用に設計され、強力なローエンドが必要なアプリケーションに対応します。2つのサイズで展開されており、『SUB 915』は15インチウーハー、『SUB 918』は18インチウーハーを搭載。両モデル共通のパワーアンプは900W RMS Class-D Digipro™ G3を採用した、高性能・高効率なパフォーマンスで、精強な音圧レベルを実現します。

ポラリティスイッチやアッテネーションのオンボードコントロール、および0.5ms/sステップで最大4.5ms/sのディレイを本体で設定出来るロータリーエンコーダーも備えており、dBTechnologies AURORA NETを用いれば最大21ms/sのディレイ設定も可能です。 クロスオーバーロータリーエンコーダーにより、クロスオーバー周波数を70~110 Hzで設定できます。

RDNet対応によりフルリモートコントロールが可能


『SUB 900』シリーズは、RDNetに対応し、スピーカーマネージメントソフトウェア dBTechnologies Aurora Net(Windows/Mac対応)によりフルリモートコントロール・リアルタイムモニタリングが可能です。

VIO X、OPERA UNICAなどdBTechnologies AURORA NETに対応したフルレンジスピーカーと組み合わせることで、スピーカーシステムの遠隔操作、管理など非常に効率の良いワークフローを提供します。
※1 別売りRDNetオプションコントロールインターフェースRDNET Control 2またはRDNET Control 8が必要となります。

過酷な現場にもタフに対応する頑強なキャビネット構造
上端に2つのインテグレートハンドルを備えた堅牢な合板キャビネットは、SUB 915 が34.8 kg、 SUB 918が41.8 kgと軽量ながらハイパフォーマンスを実現し、背面にはスムーズなトランスポートのためのキャスター取付穴も装備されています。


『SUB 900』シリーズは、上端および側面パネルにそれぞれM20マウントが1つずつ装備されており、縦置き、横置きのどちらでも使用できる設計になっています。これにより標準のM20ネジを使用したVIO X, INGENIA ,OPERA UNICA 等のフルレンジスピーカーと組み合わせて使用できます。

【主な特長】


2つのサイズ展開(15インチ、18インチ)
高性能コンポーネントバスレフ設計
900W RMS Class-D Digipro™ G3アンプ採用
最大133 dB SPL (SUB918=MAX SPL 134dB)
オンボードのディレイコントロール
オンボードのクロスオーバーポイントコントロール
縦置き・横置き両対応
フルリモートコントロール・リアルタイムモニタリングが可能なdBTechnologies AURORA NET対応

【仕様】
詳細仕様は製品サイトをご確認ください。

【dBTechnologies SUBシリーズ製品サイト】
https://tascam.jp/jp/product/dbtechnologies_sub_900/top


dBTechnologiesはイタリアを拠点に、世界各国で多くの導入実績を持つPA/SRスピーカーブランドです。小規模イベント向けのコンパクトなスピーカーユニットから、スタジアムクラスの大規模会場向けラインアレイスピーカーシステムまで、幅広いラインナップを誇ります。長い歴史によって支えられる高い技術力と品質によって、PA/SRのプロフェッショナルから高い評価を得ています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン