このページの本文へ

ウエスタンデジタル、世界初の20TB SMRと18TB CMR HDDのサンプル出荷を開始

2019年12月24日 11時20分更新

文● ウエスタンデジタル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウエスタンデジタル
大容量エンタープライズHDD製品開発をリードして、これまでにないTCOを提供し、ゼタバイト時代に向けた効率的なデータセンターの拡張を可能に


20TB Ultrastar(R) DC HC650 SMR HDD・18TB Ultrastar(R) DC HC550 CMR HDD
主な内容:
• 20TB Ultrastar(R) DC HC650 SMR HDDおよび18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDDをDropboxなど世界中の十数社のエンタープライズOEM、ハイパースケールクラウド顧客向けにサンプル出荷開始
• 新しいUltrastar HDDは当社として初めてエネルギーアシスト磁気記録技術を適用し、比類ない面記録密度とストレージ効率に加え、ウエスタンデジタルのHelioSeal(R) Ultrastar HDDで実証された品質と堅牢性を提供
• Ultrastar HDDの新製品は、スペース効率、コスト効率およびエネルギー効率の高いデータセンター構築に向けて、可能な限りのストレージ密度、パフォーマンス、低電力を求める顧客に即時に、そして長期的に優れた総所有コスト(TCO)を提供
• 大容量エンタープライズHDDにより、大規模オンラインデータストレージを運用する顧客に最善のTCOを提供

ウエスタンデジタル(NASDAQ: WDC)は業界で最大容量となるHDDのサンプル製品を世界中のエンタープライズOEMおよびハイパースケール顧客向けに出荷開始したことを発表しました。2019年6月( https://www.westerndigital.com/ja-jp/company/newsroom/press-releases/2019/2019-06-11-western-digital-champions-zoned-storage )にプレビューを行い、2019年9月( https://www.westerndigital.com/ja-jp/company/newsroom/press-releases/2019/09-09-2019-western-digital-builds-on-data-center-leadership-to-deliver-18tb-cmr-and-20tb-smr-hdds )に発表した20TB Ultrastar DC HC650 SMR HDD( https://www.westerndigital.com/products/data-center-drives/ultrastar-dc-hc600-series-hdd?utm_medium=pr1&utm_source=na&utm_campaign=CapEntRelease&utm_content=na&utm_term=na )および18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDD( https://www.westerndigital.com/products/data-center-drives/ultrastar-dc-hc500-series-hdd?utm_medium=pr1&utm_source=na&utm_campaign=CapEntRelease&utm_content=na&utm_term=na )は、初めてエネルギーアシスト磁気記録技術を適用した9ディスクプラットフォームで、顧客はデータセンター環境をより効率的にプロビジョニング、拡張することが可能となり、比類ない総所有コストを実現できます。

ゼタバイト規模でデータが増大する中、幅広いアプリケーションやワークロードでデータストレージの大容量化のニーズに信頼性を確保しながら対応できるのは大容量エンタープライズHDDのみです。業界をリードするウエスタンデジタルのUltrastar 20TB SMRおよび18TB CMR HelioSeal HDDにより、顧客は従来の14TB CMR HDD(1)と比較してラック数を最大22パーセント、TCOを最大11パーセント削減でき、これに伴う電力消費、冷却コストなどのデータセンターインフラのニーズを低減させることが可能となります。

ウエスタンデジタルはエネルギーアシスト磁気記録の革新的な活用により、これらのHDDで業界最高の面記録密度を実現しています。当社のHelioSeal、SMR方式、3段マイクロアクチュエーターおよび9ディスクプラットフォームに加え、エネルギーアシスト記録技術を適用して、ドライブ容量を大幅に向上させた統合ソリューションを提供します。

調査会社IDCのHDDおよびストレージテクノロジー担当リサーチディレクターのエド・バーンズ氏は次のように述べています。「容量の最適化されたエンタープライズHDD市場の展望は引き続き非常に良好で、IDCの予測では、ハイパースケールのクラウドデータセンターやOEM顧客向けストレージシステムやサーバーのペタバイト出荷量は2023年までに年率28%で成長すると見込んでいます。ウエスタンデジタルの新しい20TBおよび18TBのHDDは、顧客が短期的には、より大容量のストレージや高いエネルギー効率を目指しつつ、将来的にはコスト効果と拡張性の高いインフラを構築していく中で、大容量に移行していく後押しとなるでしょう。」

ウエスタンデジタルのデータセンター事業部シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのフィル・ブリンガーは、次のように述べています。「Ultrastar 20TB SMRおよび18TB CMR HDDのサンプル出荷は、SMRベースのオープンなエコシステムに対する当社のコミットメントと、顧客に優れた価値を提供するために取り組んできた技術革新を証明する、当社にとっての大きな節目となります。HDDの新製品はこれまでにない大容量で、エネルギーアシスト磁気記録を当社として初めて適用し、新たな水準のデータセンター効率を実現し、大規模データから価値創出を促進するものです。」

提供時期について
ウエスタンデジタルは現在20TB Ultrastar DC HC650 SMR HDDおよび18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDDをサンプル出荷開始しており、2020年前半に量産出荷を予定しています。

参考情報(英語):
SMR: What we learned in our first year https://blogs.dropbox.com/tech/2019/07/smr-what-we-learned-in-our-first-year/
One Year Later…Dropbox Continues to Innovate with Western Digital https://blog.westerndigital.com/dropbox-continues-innovate-western-digital/?utm_medium=pr1&utm_source=na&utm_campaign=CapEntRelease&utm_content=na&utm_term=na

■ ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造します。データインフラストラクチャーのリーダーとして、かつてなく多様化するデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルは、Western Digital(R)、G-Technology™、SanDisk(R)、およびWD(R)のブランドでデータ・セントリック・ソリューションを展開しています。

(1) TCO削減は、ウエスタンデジタルが算出した2019年12月時点における4U 100 HDDシステムの典型的なシステム構成・運用コストに基づくものです。

ストレージ密度において、1TBは1兆バイトを指します。使用できる全体容量は動作環境に よって変わります。

Western Digital、Western Digitalロゴ、G-Technology、SanDisk、WD、HelioSeal、およびUltrastarは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。他のすべての商標類は、各所有者の財産です。製品仕様は予告なしに変更となる場合があります。表示されている写真は、実際の製品と異なる場合があります。製品によっては、販売されない地域もあります。
(C) 2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

■ Forward-Looking Statements
This news release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties, including, but not limited to, statements regarding market positioning; product features, cost and availability; and market trends. Forward-looking statements should not be read as a guarantee of future results, and will not necessarily be accurate indications of the times at, or by, which such results will be achieved, if at all. Forward-looking statements are subject to risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from those expressed in or suggested by the forward-looking statements.
Key risks and uncertainties include volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company’s filings with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”) and available on the SEC’s website at www.sec.gov, including our most recently filed periodic report, to which your attention is directed. We do not undertake any obligation to publicly update or revise any forward-looking statement, whether as a result of new information, future developments or otherwise, except as required by law.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン