このページの本文へ

日本に着いたら即アニメ聖地! 成田空港に「成田アニメロード」「成田アニメデッキ」オープン

2019年11月28日 17時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

訪日外国人が日本での第一歩となる成田空港に
アニメをテーマにしたイラスト展示や物販エリアが

 日本と世界を結ぶ成田国際空港第2旅客ターミナルに、アニメをテーマとした施設「成田アニメロード」と「成田アニメデッキ」が、今日28日にオープンした。成田空港は「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の0番札所となっており、日本全国のアニメ聖地に展開するアニメツーリズムの始まりの拠点だ。

オープニングセレモニーに参加した、(左から)アニメツーリズム協会理事長 角川歴彦氏、同会長 富野由悠季氏、声優 古谷徹氏、成田国際空港代表取締役社長 田村明比古氏、KADOKAWA代表取締役社長 松原眞樹氏

 ここに新たなアニメ施設ができることにより、アニメ聖地の情報発信に加え、国内外のアニメファンにアニメの魅力をさらにアピールしていくことになる。

 「成田アニメロード」と「成田アニメデッキ」オープン前日となる11月27日、報道陣向けの内覧会と、アニメツーリズム協会理事長の角川歴彦氏や声優の古谷徹氏らによるオープニングセレモニーが開催された。

アニメキャラクターと一緒に記念撮影ができる成田アニメロード

60m超の通路壁画「成田アニメロード」と
飲食店・ショップ「成田アニメデッキ」

 「成田アニメロード」は全長60m超に渡り、日本を代表するアニメキャラクターのイラストが展示されている。イラストは春夏秋冬をイメージした構成となっており、春は「名探偵コナン」、夏は「新世紀エヴァンゲリオン」、秋は「ソードアート・オンライン」、冬は「進撃の巨人」が描かれ、フォトスポットとして活用される。

春夏秋冬をイメージしているイラスト
絵馬コーナーも設置され、奉納することができる

 一方の「成田アニメデッキ」は230坪の敷地に、グッズショップ、イートインコーナー、カフェスペースが設置されている。グッズショップはアンパンマンといった子ども向けから、マニア向けのアイテムまで幅広い商品が置かれており、充実した品揃えとなっている。

入口には、到着ロビーを見下ろすように実物大ガンダムフェイスモニュメントを設置
ショップ入口に設置された1/10 シャア専用ズゴック。隣にはRX-78-2 ガンダム
子ども向けからマニア向けまで、小さなアイテムから高額商品までさまざまなニーズに応えられる品揃え。壁には作家のサインなども展示されている

 イートインコーナーは和をイメージした店内装飾で、入り口には「異世界」と書かれた提灯が掲げられている。ここではキャラクターとコラボしたお弁当も用意されている。

イートインコーナー入口
コラボ弁当のATフィールドオムソバ弁当ウルトラマンタイガのハンバーグ弁当は、フタを開けるとウルトラマンが飛び出すギミックがついている

 このほかに、「文豪ストレイドッグス」中島敦の月下獣オムライスと「Re:ゼロから始める異世界生活」エミリアの認識阻害バーガーをあわせた4種類のコラボ弁当のほか、和食を中心としたデリメニューがある。

 カフェスペースはエンターテインメントカフェとして、イベントも行なえるステージが設置されている。オープン時には「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボした装飾などが展開され、キャビンアテンダント風に装ったキャラクターたちのグッズやコラボメニューなどが用意される。

Aqoursメンバーの顔が描かれたラテ
コラボメニューの「国木田花丸の大盛みかん生姜焼き丼」は戸田の食材が使用されている
AqoursキャラクターによるCA風グッズ

 なお、「ラブライブ!サンシャイン!!」とのコラボは2020年2月29日までとなっており、3月からはプロダクション・エースの声優出演でステージを含めたコラボも予定されている。

2020年3月からステージイベントを開催予定

「成田アニメデッキ、いきま~す!」のかけ声で
オープニングセレモニー

 「成田アニメロード」「成田アニメデッキ」のお披露目では、声優の古谷徹氏も登壇し、テープカットなどのオープンセレモニーを開催した。

テープカットでオープンをお祝い

アニメツーリズム協会理事長 角川歴彦氏コメント

アニメツーリズム協会を作った後、やはり実態としてキャラクター商品が揃っていて、そこに行けばアニメ聖地88ヵ所がどういうものかわかるお店はどうしても作るべきだと考え、3年間がんばってきました。アニメツーリズムはこういうことをしないといけないんだなという一つのモデルになると思います。ここ成田空港の0番札所から始まって、全国のアニメ聖地を回り、最後に88番札所である東京都庁へいく。これによってアニメが地域振興に役立てるのではないかという野心的な企画です。今後もみなさんのご支援をお願いしたいと思います。

KADOKAWA代表取締役社長 松原眞樹氏コメント

アニメコンテンツはクールジャパンを支えていく極めて重要なコンテンツです。KADOKAWAはアニメ産業のほんの一角を務める会社ですが、今回、日本を代表するIPホルダーの方々に協力をいただいてこのようなお店の展開ができました。KADOKAWAとしてはこうした大きなお店を持つというのはまったくの初心者で、足下ががたがた震えながらでもがんばるぞという気持ちでいっぱいです。この成田空港を基準として広がりをみせるアニメツーリズム、アニメ産業の拡大・成長をみんなで支えていきたいと思います。

成田国際空港代表取締役社長 田村明比古氏コメント

成田空港は長年我が国の表玄関として機能してきました。そして、これからということを考えるときに、十分な処理能力が必要とか、安全対策、いっそう充実しないといけないという最低限必要なことに加え、グローバルな空港同士の競争という中で、利用されるお客様にいかに高いサービス、価値、体験というものを提供し、魅力のある空港にしていくのかという競争というのが繰り広げられており、空港内におけるエンターテインメント性の強化・充実というのは非常に求められています。その意味で成田アニメデッキは、世界に誇るアニメという日本文化を発信できる拠点ということで、当空港にとっても非常に心強い、待望して久しかったコンテンツです。空港の魅力向上とともに日本のツーリズムの発展の一助になれば幸いです。

 成田アニメロード・アニメデッキのプレゼンテーションには声優の古谷徹氏とKADOKAWA代表取締役副社長 井上伸一郎氏が登壇し、グッズショップや飲食店の紹介を一緒に行なった。

古谷徹氏コメント

50年以上の長きにわたり、アニメ声優をやってきた僕にとってはここはまさに聖地。「成田国際空港にこんなアニメの聖地ができて、こんなにうれしいことはない!」という心境です。年間に数回、この成田から海外のイベントに飛び立っていますが、今後は1時間2時間早く来て、このアニメデッキでいっぱいグッズを買ってしまうのではないかといまから不安です。ここに遊びにくる、買物にくる、食べにくることを楽しみにしております。

KADOKAWA代表取締役副社長 井上伸一郎氏コメント

今日はKADOKAWAの者ではなく、アニメオタクとしていち早く見たいと思って駆けつけました。最近オンリーショップが大人気ですが、これだけの品揃え、これだけ豊富なIPが揃ってるグッズショップはなかなかありません。そしてこのカフェスペース、イベントができるスペースもあるということで、実際に来てみて、改めて興奮しています。国内はもちろん、海外のお客さんもご満足いただける施設になっていると思います。いろんな会社のキャラクターが一堂に会し、クールジャパンというかワンチームというか、オールジャパンの団結力が出ている施設です。みなさんの力で育てていただければと思います。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ