このページの本文へ

2019世界センサー大会が円満に閉幕、鄭州はセンサー産業の「焦点」へ

World Sensors Summit
2019年11月22日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

World Sensors Summit

2019年11月11日、中国工業・情報部、中国科学技術協会、河南省人民政府が指導、中国計量器学会、河南省発展改革委員会、河南省科学技術庁、河南省工業と情報庁、中共河南省委外事作業委員会事務室、河南省科学技術協会、鄭州市人民政府が主催、中国計量器学会、鄭州国家ハイテク産業開発区管理委員会が開催した2019世界センサー大会は中国鄭州国際コンベンションセンターで閉幕しました。



今回の大会は3日間で、センサー大会、センサー産業展覧会、センサー革新創業大会の3の部分から構成され、世界センサー科学技術、産業と応用の最新成果を交流し、業界ブランドの生態を構築する大会として、世界のセンサー産業の良性発展を推進しました。中国、米、日、独、英、意、韓など8カ国・地域の12の国際機関からの専門家、シーメンス、パナソニック、ホニウェル、GE、アリババ、京東、ダッソー、中国石油、中国宇宙研究院などの企業界代表および300社以上のセンサー業界の有名企業が展覧会に出展しました。

会議期間中、鄭州市高新区は正式に「鄭州ハイテク技術産業開発区管理委員会が知能センサー産業発展を促進するためのいくつの措置(暫定)」など総計10条の支持政策を発表した。スマートセンサー産業の「十条」は、スマートセンサー企業の発展特徴と要求にめぐって、家賃と住宅購入支援、定住およびプロジェクト奨励、サービスシステム建設支援、市場育成と開発支援、規模拡大奨励、技術研究開発支援、人材奨励、金融と資本市場の奨励など8つ方面の支持内容を含むシステムを構築し、最高補助金額は1000万元に達しています。

注目すべきなのは、大会が中国(鄭州)のスマートセンサーバレー計画も正式に発表しました。計画は明確な産業目標「千億級レベルの産業クラスターを構築、センサーの町を建設、『一谷多点』の産業スペースを配置、同時に良好な産業生態環境と有効な集積手段を形成する」を提出しました。

APUSは全世界の14億ユーザーに向けて、モバイルサービスを提供する専門会社です。内蔵式APUSシステムプラットフォーム及び人工知能広告ソリューションを通じて、WSS2019を普及されています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン