このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

4K・HDRで蘇った『ウルトラQ』の映像は刮目の出来栄え

2019年11月20日 15時00分更新

文● 麻倉怜士 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 円谷プロダクションが11月20日に発売する、 特撮テレビドラマ『ウルトラ Q』の、4K・HDR版を、これまでリリースされていた2K・SDRのブルーレイ版と比較した。圧倒的なハイクオリティに、驚いた。私は過去日本映画作品の修復ものを数多く観てきたが、白黒作品としては最上クラスの質を獲得したのではないか。

オリジナル35mmフィルムから4.5Kスキャン後、4K・HDR化

 『ウルトラ Q』は、昭和41年に、アメリカのSFドラマ『トワイライト・ゾーン』をヒントに映画『ゴジラ』の特殊技術を担当した、円谷英二が製作した30分1話完結型のSFドラマシリーズだ。その後の『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『帰ってきたウルトラマン』など、ウルトラシリーズの先駆けとなった歴史的な名作だ。今回はオリジナルの35mmネガフィルムから4.5Kスキャンし、4Kで修復、HDR化、グレーディング(調整)を施した。

 従来のブルーレイ版(2K・SDRテレシネ)とは、比較にならないほどハイコントラストで、階調感が実に豊かだ。細部まで明暗の抑揚が付与されるので、精細度も高い。白黒作品だから、コントラストと階調と解像力だけが画質そのものだが、それが刮目の出来映えなのだ。これはグレーディング時に、HDR化が大いに効いたとみた。

非常に感激した様子の麻倉怜士氏

 しかし、このような古いフィルム作品をレストアする時には、「いったいどこまで直すのが正解なのか」という問題は、必ずつきまとう。グレーディングではどんな映像にも加工できるからだ。極端な話、色だって後から付けられる(以前、カラライズ版も制作された)。

円谷プロでさまざまなこだわりを聞きながら、映像のすばらしさに触れた。

 4K・HDR版がどんな風にオリジナリテイにこだわり、作品の正しい世界観に添ったレストア、グレーディングを丁寧に、そして意図的に行ったかの興味深い話は別の機会に譲るとして、ここで私が2K・SDRと4K・HDRを比較したいくつかのシーンのインプレッションを記そう。

ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX

Image from Amazon.co.jp
ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX(特典なし) [Blu-ray]

価格:70,000円(税別)
発売日:好評発売中
商品番号:PCWE-52001
10枚組/全28話+PremiumTalk

4K ULTRA HD Blu-ray
715分/4:3(3840×2160p)/3層×3枚/モノクロ/HEVC/リニアPCM(ステレオ・モノラル)・一部ドルビーデジタル5.1ch

Blu-ray
1521分(本編ディスク:1431分 + PremiumTalk:90分) 本編ディスク:4:3《1080P High Definition》/2層×6枚/カラー・モノクロ/AVC/リニアPCM(ステレオ・モノラル)・一部ドルビーデジタル5.1ch
PremiumTalk:16:9《1080i High Definition》/1層/カラー/AVC/リニアPCM(ステレオ)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン