このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ASCIIゲームレビュー語録 第18回

銃と超能力を駆使したアクション、探索要素高めのステージなど

ド派手な超能力アクションがスゴイ「CONTROL」は映画を操作している感覚になるゲーム

2019年10月12日 15時00分更新

文● 市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ド派手な破壊描写に衝撃を受けた

圧倒的な破壊描写もCONTROLの魅力的な要素だ

近接攻撃で机を破壊した様子。書類が豪快にはじけ飛ぶモーションにRemedyの強いこだわりを感じた

 CONTROLをプレーして衝撃を受けたことがある。なんと、超能力スキルを使って壁やオブジェクトを自由に破壊できるのだ! ド派手な破壊描写は、本作を語るうえで欠かせないポイントである。柱の一部が吹き飛ぶ、破片が飛び散る、壁に穴が開く描写に何度も鳥肌が立ったものだ。変形する銃と超能力スキルを駆使したアクションもそうだが、破壊の限りを尽くす面白さも魅力的に思えた。

幾何学的なステージは広大なので探索要素高め

幾何学的なデザインを採用したステージと、空中で静止する職員たちの光景は、複雑怪奇な印象を与える

 幾何学的なデザインで形作られたステージは、複雑怪奇な趣きを醸し出している。空中で静止する職員たちの光景はさながら悪夢のようだ。プレー時、現実と非現実の境目を具現化したようなビジュアルに圧倒された。

ステージはかなり広大なので探索要素は高めだ。メインミッションやサブミッション、スキルアップなどの目的で複数のステージを行き来することになる

 CONTROLは広大なステージで構成されており、一本道ベースの従来作よりも探索要素は高めだ。ミッション攻略やアイテム回収、スキルアップ目的で複数のマップを行き来することになる。そのため、クリアするのに多少時間がかかるかもしれない。構造を暗記してしまえば問題ないのだが、初見でプレーする場合、マップを逐一確認しないと迷子になる恐れがある。だが幸いにも、マップを表示させながら移動できるので、とりあえずは一安心だ。

チェックポイント、装備のカスタマイズ、ファストトラベルなどができる「コントロールポイント」

 ステージ各所には「コントロールポイント」と呼ばれるチェックポイントが存在する。そこから別のステージにファストトラベルしたり、スキルアップすることも可能だ。いうなれば、「ダークソウル」シリーズに登場する「篝火」である。

記録映像や文書など、ストーリーの背景がわかるアーカイブも用意

ステージを探索していたら、どういうわけか招き猫が……?

 ステージの至るところには、テキストやオーディオログ、記録映像といったアーカイブのアイテムが隠されている。ストーリーの背景がわかる内容になっているので、本作の世界観を堪能したい場合はステージを隅々まで探索する必要がある。そのほか、新たな超能力スキルがもらえるミッション、時限ミッション、チャレンジミッションも用意。このように、探索要素が従来作よりも高くなった点もCONTROLの魅力といえよう。

 CONTROLの概要となるゲームシステムについては以上。次回は、難易度やミッション、レイトレーシングなどを紹介する。

作品概要

・タイトル:CONTROL
・販売:505 Games
・開発:Remedy Entertainment
・プラットフォーム:PC、PlayStation 4、Xbox One
・ジャンル:アクション
・プレー人数:1人
・レーティング:M(17歳以上対象)※日本語版はCERO:D指定

「LEVEL-R039-i7K-TOVI-IeC」

 今回は、PC版をユニットコムのゲーミングブランド「LEVEL∞」のデスクトップパソコン「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」でプレーした。主なスペックは、Ryzen 7 3700X、GeForce RTX 2060、8GBメモリー、240GB SSD、1TB HDDという構成で、価格は15万678円から。本機では、グラフィックスをMedium(中)に設定すれば、平均70fps前後でプレーすることができた。CONTROLのシステム要件は、以下のとおり。

CONTROL スペック
要件 最低 推奨
CPU Core i5-4690/FX 4350 Core i5-7600K/Ryzen 5 1600X
グラフィックス GeForce GTX 780/Radeon R9 280X GeForce GTX 1660、1060/GeForce RTX 2060/Radeon RX 580
メモリー 8GB 16GB
DirectX 11 11/12
OS Windows 7(64bit) Windows 10(64bit)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事