東京ゲームショウ2019レポート

未発表ゲーミングノートPCの展示も! TGS 2019のMSIブース

文●松野将太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月12日~15日まで開催中の「東京ゲームショウ2019」にブースを展開したMicro-Star International(MSI)。ブース内では、同社の最新ゲーミングPCや周辺機器、未発表製品などの展示を見ることができた。

試作品「GF65 Thin」の参考展示も

MSI製のPCがズラリ。ディスプレーやゲーミングデバイスなど、幅広い製品を展開する同社の強みと言える

ゲーミングデスクトップPC「Trident X Plus」。側面からLEDファンが見える外観がインパクト大

 ブースの大部分は展示スペースとなっており、同社製のゲーミングノートPCやディスプレー、ゲーミングデバイスといった豊富なラインアップの製品が展開されている。基本的にはゲーミング系の製品が多く、一部のPCでは周辺機器と合わせ、「PUBG」などのゲームを実際にプレイできるようになっていた。

クリエイター向けPCを集めたコーナーも

GeForce RTX 2060搭載の「P65 Creator」。性能的にはPCゲームもプレイ可能

 加えて、クリエイター向けのノートPC「PRESTIGE」シリーズを設置したコーナーも用意。こうしたクリエイター向けPCの訴求は他メーカーのブースでも行なわれていたが、それだけクリエイティブ作業における高性能PCの需要が高まっていることの表れとも言えるだろう。

未発表のゲーミングノートPC「GF65 Thin」の試作品。「GF63 Thin」の後継モデルで、冷却力を強化してよりハイエンドなGPUを搭載可能としている

同時に展示されていた「GF63 Thin」

 展示の中でも注目度が高いのは、未発表のゲーミングノートPCの試作品「GF65 Thin」の展示だ。すでに販売されている「GF63 Thin」の後継となる薄型ゲーミングノートPCで、筐体サイズを踏襲しつつ、冷却を強化。より高性能なGPUを搭載可能になっているのが大きな特徴とのこと。発売日は未定で、詳細なスペック等は今後発表となる見込みだ。

「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」。ビデオカード単体で展示されていたのはこの製品のみ

5K2K解像度(5120×2160ドット)に対応するディスプレー「Prestige PS341WU」

 そのほか、同社製のビデオカード「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」の単体展示や、未発売の5K2K解像度(5120×2160ドット)に対応するディスプレー「Prestige PS341WU」の動態展示なども実施。一般公開日には、プロゲーミングチーム「SunSister」をゲストに招いてのステージイベントなども行なわれていた。

学生が制作したインディーゲームとコラボレーションした展示も。展示機で実際にプレイできた

自作PCの展示。MSI製のPCケース「MPG SEKIRA 500P」にマザーボード「PRESTIGE X570 CRATION」とビデオカード「GeForce RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」を導入した構成。さらにPCIe Gen4 SSDのほか、データ用ストレージとしてGeagate「ST4000DM004」2台を使用してRAID 1を構築している。現在自作できるPCとしては最高峰の性能となる

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月