このページの本文へ

世は大eスポーツ時代、ワンピースコラボゲーミングチェアでゲーム王に俺はなる!

麦わらの一味の海賊旗が刺繍! ワンピースファンに知ってほしいゲーミングチェアの快適さ

2019年09月11日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

普通のイスVSゲーミングチェア、ワンピースを観続けた結果は?

 ワンピースが好きな人であれば、ワンピースの名シーンを何度も観たい! と思うことも少なくないだろう。個人的には「エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」といった“エピソードオブ”がタイトルにつく作品が好きなため、よく観返している。

 そういったときでも、AKRacing ONE PIECEシリーズに座ってみれば、長時間快適に、そして疲れずに鑑賞することが可能なのだ。今回は、AKRacing ONE PIECEシリーズに私が座り、編集部員のワタルに普通のイスに座って、劇場作品である「エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」「エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」2作品を連続で鑑賞してみた。

時間が経つにつれて姿勢の変化が

観始めはそこまで姿勢は変わらない

 上映時間は「エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」が90分、「エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」が113分となるため、計203分の長丁場。正直言って好きなので時間はすぐ過ぎ去ったが、30分を過ぎたあたりから私とワタルですでに差がではじめた。

 普通のイスに座っているワタルは、何度か座りなおして、ベストな位置を探していた。対して私は最初からリラックスできる体勢だったので、ほとんど座りなおすこともなく集中して90分見続けることができた。

普通のイスだと、30分くらいすると座りなおしたり、足を組みなおしたりするしぐさが増えた

だんだん腰が曲がってきた

 続いて2作品目は、113分。こうなってくると、ワタルは足を組んだり、組みなおしたり、無理やり肘をついたりと、もはや鑑賞しているのかベストな座り方をずっと探しているのかわからない感じに。その間の私はというと、ちょっとリクライニングを倒して、優雅に「エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」を鑑賞。最後のDr.くれはのセリフに涙腺が崩壊して鑑賞を終えた。

ついに無理な状態で肘をつき始めたワタル

私はこのあたりでようやく足を組み始めた

 どれくらいリラックスして鑑賞できていたかというと、今回鑑賞中の姿勢を撮影してもらうためにカメラマンにいてもらったのだが、「ほぼ姿勢が変わってなかったからあんまり写真撮ってないよ」と言われたほどだ。

少しリシートを倒せば、より楽な姿勢でアニメ鑑賞できる

 これはアニメだけでなく、先述したゲームやデスクワーク、読書などにもいえる。ワンピースが読み返したくなって1巻から読み始めると、面白くてどんどん読み進めていくものの、ベッドに寝転がって読んでいると気づいたら腰や首がバキバキになっていることがある。AKRacing ONE PIECEシリーズではれば、長時間集中して読んでいてもそういうことがないので、思う存分読み返すことができる。

ゲームもアニメも仕事も漫画も、イスに座って行なう作業であればなんでも長時間快適なのが、ゲーミングチェアなのだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン