このページの本文へ

キヤノンF2.8 Lズームレンズとしては待望のRFマウント用レンズ

キヤノン、ズーム全域F2.8の大口径RFレンズ2製品を発表

2019年08月28日 13時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは8月28日、RFマウント用の明るい大口径レンズとして広角ズームレンズ「RF15-35mm F2.8 L IS USM」および標準ズームレンズ「RF24-70mm F2.8 L IS USM」を発表。9月下旬の発売予定。

 EOS Rシステムの特長である大口径マウントとショートバックフォーカスを活かすことでズーム全域F2.8という明るいレンズとなっている。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」

 いずれもIS(光学式手ブレ補正機能)を搭載、レンズのジャイロセンサーに加えてカメラ側のCMOSセンサーからの画像情報からブレ量を検出するデュアルセンシングIS、レンズ側で補正できないブレ量はカメラ側の電子ISを併用するコンビネーションISに対応する。AFモーターとしてナノUSM(超音波モーター)を用いており、高速かつ静かなAF動作を実現しているという。

「RF24-70mm F2.8 L IS USM」

 価格はいずれも29万7000円(キヤノンオンラインショップ価格)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン