このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

MSI、デスクトップ向けCore i9搭載ノートなど新製品を発表

2019年08月09日 22時30分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIが新製品発表会を都内で実施し、最新ノートPCを3製品発表した。本日9日より販売開始となる。

MSIが新製品発表会を都内で実施

ウルトラハイエンドモデル
GT76 Titan

 8コア16スレッドのデスクトップ向けCPU「Core i9-9900K」を採用する、17.3インチ4K液晶搭載ノートPC。GPUはGeForce RTX 2080で、32GBのメモリーと512GBのNVMe M.2 SSDを装備する。ハイパワーなデスクトップ向けCPUを冷却するために4つのファンと11本のヒートパイプで構成された強力なクーラー「Cooler Boost TITAN」を搭載する。

デスクトップ向けCPU「Core i9-9900K」を採用するウルトラハイエンドモデル「GT76 Titan」

 従来のGTシリーズからの大きな変更点として、無線LANがWi-Fi 6に、有線LANが2.5Gbpsイーサネットになり、ネットワークが格段に高速化している点も見逃せない。

右側面。側面にもLEDを内蔵しているのがわかる左側面。ちなみにキーボードはSteelSeries製だ
底面にもRGB LEDを内蔵する
天板はシルバー。エンブレムのドラゴンも、従来の黒と赤ではなくシルバーで統一している底面。クーラーが配置されている部分は金属メッシュにして、吸気効率を向上させている
「Cooler Boost TITAN」の詳細
受熱部はなめらかになるように研磨されている。ヒートパイプの素材にもアルミ合金ダイカストを使用し、熱伝導率を大幅に向上させている
ネットワークコントローラーをアップグレード。従来モデルと比べ、無線で3倍、有線で2倍の高速化を実現している
製品スペック。価格は54万円前後
発表会では、オーバークロックしてもしっかり冷却できることを証明するため、CPUを全コア5GHzにOCするデモを実施。CINEBENCH R20のスコアーはOC前が4881だったのに対しOC後は5103に数値が伸びた。なお、OCする場合は電圧を0.06V下げたほうがスコアが伸びるとのこと

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン