このページの本文へ

魚眼から超広角を1本でカバー、描写性能を向上させる新コーティングを採用

リコー、Kマウント用フィッシュアイズームレンズ「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」

2019年07月09日 17時35分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーイメージングは7月9日、Kマウント一眼レフデジカメ用のフィッシュアイズームレンズ「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を発表。7月26日に発売する。

 現行レンズ「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED(IF)」をベースに、最新の高性能マルチコーティングを施し、さらにレンズコーティング全体を再設計することで逆光撮影時のゴーストやフレアーの発生を低減している。

 同社の一眼デジカメ「Kシリーズ」とマッチする新デザインを採用するほか、新たにフードを取り外し可能とした。「PENTAX K-1」や「PENTAX K-1 Mark II」に装着してフードを外して撮影すると、円形に近い構図での魚眼撮影を楽しめるという。

 レンズ構成は8群10枚、焦点距離は10~17mm。同社APS-Cカメラに装着した場合、画角(対角)は180~100度となる。フードやレンズケースなどが付属する。価格は8万4240円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン