このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ASCIIゲームレビュー語録第5回

4人のSlayerとともに「ベヒーモス」を討伐しよう!

世界で話題沸騰中のハンティングゲーム「Dauntless」、無課金でもガッツリ遊べる!

2019年06月15日 16時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Epic Gamesが販売、Phoenix Labsが開発したオンラインハンティングゲーム「Dauntless」

 Epic Gamesが販売、Phoenix Labsが開発した「Dauntless」は、最大4人までの仲間たちと巨大なモンスター討伐に挑むオンラインハンティングゲームである。基本プレーは無料で、海外ではPlayStation 4/Xbox One/PCのマルチプラットフォームで展開。また、Epic Gameのアカウントを使えば対応プラットフォームでも遊べるクロスプレーを採用している。現在日本語版はリリースされていないが、Epic GamesストアにてPC版(英語)をプレーすることは可能だ。

4人の仲間とともに巨大なモンスター「ベヒーモス」を討伐!

 2017年8月にクローズドアルファ、2018年5月にオープンベータを経て、今年5月21日に正式サービスを開始したDauntless。累計プレーヤー数が早くも600万人を突破し、世界中で話題を呼んでいる本作はいったいどういったゲームなのか。そこで今回は本作のゲームシステムについて紹介する。

4人の仲間とともにベヒーモス討伐へ!

看板に触れると討伐クエストの受注ができる
ステージ選択画面。ほかのSlayerたちといっしょに遊んだり、ひとりかフレンドだけで遊ぶことが可能

 Dauntlessは、「Slayer(スレイヤー)」として巨大なモンスター「ベヒーモス」を討伐することが目的。ソロはもちろん、最大4人までのCO-OPプレーも可能だ。マッチメイキング時にほかのSlayerとともにクエストに参加できるため、単独行動に不安を感じている人も安心してプレーできる。もちろん、フレンドだけで遊びたい、ひとりで遊びたい人向けの「プライベートハント」も用意されているのでご安心を。

ほかのSlayerたちとコミュニケーションが図れるエモートを用意
クエスト中、討伐対象のベヒーモスを見つけたら「フレア」を使って仲間に知らせよう

 仲間同士でコミュニケーションが図れるエモートを用意。とくに討伐対象のベヒーモスの居場所を知らせる「フレア」は、チャットによるコミュニケーションに抵抗がある人でも気軽に使えるほか、チームに貢献することもできる。視覚的なコミュニケーションを用いて、国内外のSlayerたちと隔たりなく交流できる仕様に魅力を感じた。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事