このページの本文へ

アドビ、写真編集アプリ「Lightroom」最新機能を提供開始

2019年05月15日 16時30分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アドビは5月15日(現地時間)、写真編集ツール「Lightroom」のアップデートを発表した。モバイルデバイスやウェブ、デスクトップPCなどで、写真を簡単に編集・管理・保存・共有できるクラウドベースのサービス。すでにiOS App StoreやGoogle Playで提供中で、Creative Cloudデスクトップアプリもすぐに利用できる。

 iOS版およびAndroid版に新しく追加した「ホーム」画面には、直近に開いたり保存したりした写真とともに、インタラクティブチュートリアルと作例写真を表示。インタラクティブチュートリアルと作例写真は、毎日新しいものを追加する。

 インタラクティブチュートリアルは、操作法の習得のために新たなアプローチを提供。使っているデバイスで直接写真にアクセスし、それぞれの編集タスクをステップバイステップでガイドできる。設定されたガイドと指示を直接操作スライダーに表示するので、それに従って調整ができる。

 作例写真は、チュートリアルほど高度ではないが、作成プロセスを学び、自分の作品に活用するのに役立つとしている。写真を開くと、編集操作1つ1つがステップバイステップで再生可能。その後、表示される「編集」コントロールをタップすると、ホイール状のピッカーが表示される。各編集操作をスクロールすることで、それぞれ編集の具体的な設定値を確認できる。

 Mac版とWindows版も対応予定。Mac版とWindows版のLightroomは、ヘルプメニューを大幅に拡張しており、各ツールおよび組み込みチュートリアルについて検索可能になった。チュートリアルのヘルプでは、iOS版およびAndroid版のLightroom向けに提供するコンテンツの一部を活用しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン