このページの本文へ

オン・セミコンダクター、「IoT World 2019」においてインダストリアルIoT、パーソナルIoT、およびスマートホーム/スマートビル向けの最新の低電力イノベーションを発表

オン・セミコンダクター株式会社
2019年05月13日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オン・セミコンダクター株式会社
コネクティビティ、バッテリフリー動作、ビデオ&オーディオエッジAIソリューション、およびStrata Developer Studio(TM) に対応した新しいプラットフォームを展示



高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、「IoT World 2019」(会期 2019年5月13日~16日、会場 米サンタクララ・コンベンション・センター)で、ビルオートメーション、スマートホーム、民生機器、およびインダストリアル IoT向けの幅広い低電力の製品群と、完全にバッテリフリーのプラットフォームを紹介します。また、人工知能(AI)を用いたイメージングとオーディオ処理などの、新たに立ち上がっている分野向けの新しいソリューションも展示されます。

IoTの重要な要素の1つであるコネクティビティに関して、オン・セミコンダクターは、Zigbee(R) Green PowerやBluetooth(R) Low Energyなどの規格をサポートした、幅広い最高クラスのソリューションを展示します。AXM0F243 独自仕様RF SoC(System-on-Chip)のデモを通して、真に差別化されたアプリケーションを求めている機器メーカーから得られるメリットをご理解いただけます。この強力なシングルチップ・ソリューションは、ソフトウェアで定義し、27~1050 MHzの幅広いプログラマブルな周波数を提供します。

RSL10 SIP(System-in-Package)をベースにしたRSL10 センサ開発キットでは、スマートセンサ技術を、作業用安全ヘルメットやスポーツ用ヘルメットなどの新しいモニタリングアプリケーションにおいて、どのように活用すれば、怪我を検知して無線でメッセージを送信できるか、に焦点を当てます。また、スマートRFID センサ製品シリーズでは、実装の容易さ、新らたな長距離機能、および資産追跡やコールドチェーンのデータロギング機能など、インダストリアル IoT にもたらされるメリットもご紹介します。

機器メーカーは、IoTの成長とメンテナンスをサポートするために、アプリケーションを駆動する代替電源を模索しています。オン・セミコンダクターは、複数の環境発電プラットフォームにより、バッテリフリーおよびメンテナンスフリーIoTを実現する上で中心的な役割を果たしてきました。受賞歴があるBluetooth Low Energy Switch および新しいRSL10ソーラーセル・マルチセンサ・プラットフォームも展示され、イベントトリガーによる無線機能および連続的なセンサモニタリングを紹介します。低速データ転送メッシュネットワークを実現するNCS36510トランシーバをベースにしたバッテリフリーのZigbee Green Powerプラットフォームも展示されます。NCS36510は、業界最小のRx電流性能を備えています。

ウェアラブル端末および防犯カメラに関しては、AR0431 CMOSイメージセンサを中心にしたデモにより、日中または夜間の光の状態に関わらず、最小の電力消費で高品質の画像をいかに実現できるかを実演します。4 MP センサは、1フレーム毎秒(fps)の動作時の電力消費はわずか8 mWです。AR0431は、ウェアラブル・アプリケーション向けに、スローモーションビデオを120 fpsの画質で記録できます。

オン・セミコンダクターは、拡張現実(AR)および人工知能(AI)などの、新興のIoT市場をサポートする新らたなイメージングおよびオーディオ処理のイノベーションを先行展示します。独自の560 x 560ローリングシャッタ型イメージセンサのデモでは、指紋読み取りや虹彩認証のようなAIを用いた高速画像処理機能を実演します。また、オン・セミコンダクターのオーディオプロセッサをベースとする低コストのオーディオソリューションも展示されます。デモでは、オーディオエッジAIがスマートホームやスマートビルにおいて、いかにデバイスを音声制御できるかを示します。

エンジニア向けに、シームレスでパーソナライズされた安全な環境を提供するStrata Developer Studioも展示されます。この革新的なクラウド接続型プラットフォームは、より迅速に、かつ容易に評価ボードや開発ボードを取りあつかえる方法をエンジニアに提供することで、開発期間を大幅に短縮します。Strataは、最新のマニュアル、製品情報、デザインノートとアプリケーションノート、およびリファレンス・デザインのファイルを提供しており、業界で最も包括的な設計ツールとなっています。当社のブースで、ユーザビリティを向上させた新しいソフトウェアバージョンを体験でき、新しくサポートされたハードウェアをご覧になれます。

当社のブースおよび講演の詳細に関しては、オン・セミコンダクターのIoT Worldイベントページをご覧ください ( https://www.onsemi.jp/PowerSolutions/content.do?id=18823&utm_source=pr&utm_medium=press_release&utm_campaign=iot-world-2019&utm_content=link-iot-world-page )。

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライチェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。詳細については、http://www.onsemi.jpをご覧ください。

• Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン