このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第507回

USB 4の発表で、USB 3.2はどうなった?

2019年04月22日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

知名度が極端に低い
USB 3.2での呼称

 このあたりまでがUSB 3.2の概略であるが、もともとUSBは3.1になった時に少し混乱が生じた。というのはUSB 3.0をUSB 3.1 Gen 1と言い始めたからであるが、これがUSB 3.2になって当然助長されることになった。

 表にこれをまとめが、そもそもUSB 3.0の時には1種類しかなく、これをSuperSpeed USBと称していた。ところがUSB 3.1でSuperSpeed USB Plusなる名称が追加された。

USBの規格
仕様書上での名称 USB 3.1における名称 USB 3.0における名称 実効転送速度 マーケティング名
USB 3.2 Gen 1 USB 3.1 Gen1 USB 3.0 5Gbps SuperSpeed USB
USB 3.2 Gen 2 USB 3.1 Gen2 N/A 10Gbps SuperSpeed USB Plus
SuperSpeed USB 10Gbps
USB 3.2 Gen 1×2 N/A N/A 10Gbps  
USB 3.2 Gen 2×2 N/A N/A 20Gbps SuperSpeed USB 20Gbps

 USB 3.2では、信号速度そのものは5Gbps(Gen 1)と10Gbps(Gen 2)だが、2レーンオペレーションでは“×2”を付けることとなり、Gen 1/Gen 2/Gen 1×2/Gen 2×2という4種類の動作モードが生まれることになった。

 ただこのGen 1×2という動作は、仕様上では間違いなくサポートされているのだが、実際にこれをどれだけのホストやハブ、デバイスが利用するのかは定かではない。それもあってかGen 1×2は無視されており、従来のSuperSpeed USB PlusはSuperSpeed USB 10Gbpsと改称され、新たにGen 2×2モードをSuperSpeed USB 20Gbpsとすることが決まった。

 この名称変更は2018年10月に行なわれたのだが、USB-IFのメンバーには通知されたものの、プレスリリースなどは出しておらず、それもあって知名度は極端に低かった。

 それもあって今年2月のMWCではわざわざ記者説明会を開催して、この名前の周知に努めるという騒ぎになった。実際筆者もこの記者説明会の話を聞いて、初めてこんな名称変更があったことを知った。

 果たしてこれがわかりやすいのかと聞かれると、やや「?」ではあるのだが、これは今後の課題であり、ベンダーがどこまでこれをアピールするか次第だろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン