このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第263回

果汁16%はダテじゃない:

モンスターエナジー「パイプラインパンチ」フルーティーでびっくり!

2019年04月11日 16時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「モンスター パイプラインパンチ」
モンスターエナジー
4月23日発売
実売価格210円前後

モンスターエナジーの待望の新味

 「エナジードリンクの味はどういうものでしょうか」と言われたら、どんな味を想像するでしょうか。栄養ドリンクみたいなとか、炭酸がキツくてとか、そのものズバリで「レッドブルの味」とか、ある程度のテンプレート的な回答が考えられます。

 とはいえ海外ではエナジードリンクといっても多種多様です。たとえばヨーロッパでは、ブランドが多いだけではなく、モヒートの味を模したエナドリや、白茶(弱発酵茶)をプラスしたエナドリなどもあったりします。

 日本には個性的な味のエナドリはないのかしらとお嘆きのあなたにオススメしたいのが、エナドリの代表格「モンスターエナジー」ブランドから4月23日に発売される「モンスター パイプラインパンチ」(355ml缶)です。いち早くレビューをお届けしましょう。

モンスター パイプラインパンチ。ピンク色の缶が目立ちそう

 パイプラインパンチはハワイをイメージしたフレーバー。パッションフルーツ、オレンジ、グァバなどの味わいにエナジードリンク的な要素をプラスしたものだとか。ピンク色のラベルも特徴ですね。名前はハワイのサーフポイントからとられたそうです。

「PIPELINE PUNCH」。単なるフルーツパンチではないぞという意志が感じられます
さまざまな果実が入っているのが目を引きます。高麗人参根エキス、ガラナ種子エキスなどのエナジー成分もしっかり配合

 果汁16%という表記が目を引きますが、カフェインやアルギニン、高麗人参根エキスもしっかり入っていて、エナドリとしてのアイデンティティーは失っていません。甘味料が入っているのは好き嫌いを分けそうですが、やむなしといったところでしょうか。

100mlあたりカフェイン40mg、アルギニン53mg

 缶の側面には、モンスターエナジー特有のコンセプト重視な説明文が書いてあります。「すごいよ!」以上のことは書いていない気がしてくる勢いのあるテキストですが、とりあえず、解説してくれてはいます。

モンスターエナジー特有の勢いがすごい説明文

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!