このページの本文へ

「一塩基編集」で1万超の遺伝子を改変、ハーバード大が新記録

2019年03月28日 11時50分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジョージ・チャーチ教授率いるハーバード大学の研究チームは、これまでで最多となる1万3200もの遺伝子編集を1つの細胞に対して実施した。最終的には、あらゆるウイルスに対して免疫を持つ人間移植用の臓器や組織の作製を目指すという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ