このページの本文へ

親なら知っておきたい人気スマホアプリの裏側と安全設定第4回

消える動画をスマホで保存してしまう方法も

狙った相手に投稿したつもりが……「バカスタグラム」で人生棒に振る前に

2019年02月26日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
1815886

バイト炎上事件で親世代も存在を知ったInstagramストーリーズ

 Instagramストーリーズをご存知だろうか。24時間で消えるInstagramの動画共有機能だ。フォロー中のアカウントのストーリーズはInstagramホーム上部に掲載される。

 女子大生たちはストーリーズをどのように使っているのか。実態とリスクについて見ていきたい。

上部に表示されるストーリーズ。タップで再生される

「気楽に載せられる」で10代に人気

 ストーリーズのデイリーアクティブユーザー数は、2017年には3億人を超えており、ストーリーズの人気のおかげでInstagramの利用時間も伸びていると言われている。

 この傾向は日本でも同様だ。ジャストシステムの「動画&動画広告月次定点調査(2018年9月度)」でも、10代のストーリーズ利用率は、2017年5月度の37.2%から65.5%と6割以上にまで伸びていることがわかっている。

 「インスタは『これは!』という写真しか載せられないけど、ストーリーズなら気楽に投稿できる」と、ある女子大生は言う。Instagramに載せるなら“インスタ映え”写真でなければいけないという意識があり、投稿できない写真が多かったそうだ。

 ストーリーズには、主に「今晩こんなご飯を作ったよ」「今、こんな授業を受けてる」など、リアルタイムな投稿をしている。「今この場所にいるよとか投稿したり、友だちの間でアンケートを取ったりすることもある」という。

「会話のきっかけとして投稿」も

 「最近多いのは、コミュニケーションしたいという相手を狙って投稿することかな」と件の女子大生は言う。

 ストーリーズを再生中に下の飛行機マークをタップし、シェアする相手を選ぶと、ストーリーズと紐付いた状態で相手とメッセージできるようになる。その上LINEとInstagramはつながる相手が違う場合も多いため、「Instagram上の話題をするときはInstagramのメッセージが便利」なのだ。そこであえてLINEを使うことはないという。

 「この授業に出てます」と投稿したときは、それを見た友だちの一人から「私も同じ授業にいるよ!」という連絡があり、合流できたそうだ。また、「このメンツで遊んでる」と投稿したときは、別の友だちから「私もこの子と友だち。今度一緒に遊ぼう」という連絡がきて、実際に一緒に遊べたという。

 「狙った男子の好きそうな話題をあえてストーリーズで投稿して、DMをもらってコミュニケーションのきっかけにしたりすることもある」。女子大生たちは、ストーリーズやInstagramのメッセージをコミュニケーションにうまく活用しているというわけだ。

ストーリーズ再生中に飛行機マークをタップシェアする相手を選んで「送信」
ストーリーズに紐付いた状態でメッセージができる

炎上する理由は「消えるけれど保存できる」から

 一方、ストーリーズは消えるので、油断してつい問題ある動画を投稿してしまっている人は多い。これまでにもTwitterなどでフォロワーからシェアされてしまい、炎上した事件は多数起きている。

 最近、学生バイトがSNSに不適切な投稿をすることによる「バイトテロ」問題が多数起きたが、そのうち複数がストーリーズに投稿した動画が元で炎上が起きていた。Twitterで起きるのがいわゆるバカッターだが、Instagramで起きるので「バカスタグラム」と言われたりもしている。

 ストーリーズも、iOSの画面録画機能などを使えば容易に残せるし、Twitterなどでもシェアできてしまう。iPhoneの「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」→「画面収録」前の+マークをタップで、コントロールセンターに画面収録ボタンが表示される。ボタンを押した後にストーリーズを再生すれば録画できてしまうのだ。

 動画で顔出しなどをしていると容易に個人が特定されてしまい、炎上につながって一生を棒に振りかねない。くれぐれも問題あることは投稿しないことは忘れずに利用したい。

「画面収録」ボタンが表示されているコントロールセンター

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン