このページの本文へ

およそ2割が、月額制動画配信サービスを利用

月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位、ジャストシステム調べ

2019年02月07日 14時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムは2月7日、2018年の「動画&動画広告月次定点調査」の結果を発表した。

 同社が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」において、全国の17歳から69歳の男女1100名を対象に毎月1回実施している調査。今回は2018年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直して「動画&動画広告月次定点調査~2018年総集編 【トレンド版】」 として発表した。

 2018年における動画や動画広告関連分野におけるトレンドとしては、

・およそ2割が、月額制動画配信サービスを利用
・月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位
・動画広告が流れても、最も不快感を持たないのは「MixChannel」
・10代の購買に最も影響を与えた動画広告として「Instagram」が、昨年のおよそ5倍に
・およそ3割が、レシピ動画アプリを利用
・10代のおよそ2割が、動画をSNSへ投稿。昨年比で1.6倍に

 などが挙げられる。同社では調査データをすべて収録した298ページのレポートを無料でダウンロード提供している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン