このページの本文へ

2019年初夏サービス開始予定

LINEと任天堂、スマホ版ドクターマリオを共同で開発

2019年02月01日 16時55分更新

文● 松本塁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは2月1日、任天堂とゲームアプリ事業における協業について合意したと発表。スマートフォン向けゲームアプリ「Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)」を共同開発、運営することを明らかにした。

 Dr. Mario Worldは「Dr. Mario」をベースにした新しいアクションパズルゲームになるとのこと。iOSとAndroidに対応しており、任天堂を配信元として、日本やアメリカを始めとしたグローバル市場に向けて配信する。基本無料(アイテム課金あり)で、2019年初夏のサービス開始を目指す。

 2016年からゲームアプリ事業を開始した任天堂の、世界に誇るブランドと半世紀以上にわたり多くのエンターテインメントを世に送り出してきた知見やノウハウと、LINEがこれまでに培ってきた大規模なユーザーベースおよびリアルソーシャルグラフといった両社の強みを活かしていくとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン