第54回 確定申告お悩み相談広場

税金が戻る! サラリーマンや給与所得者が得する確定申告節税術

山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サラリーマンなど確定申告書を提出する義務のない人でも、給与などから源泉徴収された所得税額や、予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることにより納め過ぎの所得税の還付を受けることができます。この申告を「還付申告」といいます。

 せっかく戻ってくるかもしれない税金を見過ごすのは非常にもったいないですよね。サラリーマンをはじめとした給与所得者が、還付申告をできる場合の具体例を以下にまとめたのでぜひご確認ください。

以下のリストに当てはまる方

●年の途中で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき
●一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき
●マイホームに特定の改修工事をしたとき
●認定住宅の新築等をした場合(認定住宅新築等特別税額控除)
●災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
●特定支出控除の適用を受けるとき
●多額の医療費を支出したとき
●特定の寄附をしたとき
●上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得等の金額から控除したとき

 還付申告にまつわるさらにくわしい情報は「税金が戻ってくる!? 還付申告はどんな場合にできるの?」ページをご覧ください。


過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月