このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新春アキバ福袋大特集2019 ― 第2回

2019年福袋・鬱袋、秋葉原のホビー系にハズレなし

2019年01月01日 22時45分更新

文● ドリル北村 撮影● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原の福袋といえば、デジタル系に次いで人気なのがホビー系。今年は駿河屋とラジオ会館の福袋、そしてリバティーの鬱袋を買ってきた。

今年は約5万円分の福袋を編集部で購入。秋葉原から編集部へ向かうタクシーのトランクがギュウギュウなのも例年通り

 用意できる福袋の数がデジタル系に比べて少ないため、早い段階で完売することが多いホビー系福袋。さらに近年はネット販売のみで店頭販売をしないお店が増えてきたようなので、入手できないことも想定していたのだが、無事買えてホッとした。

 毎年まったく同じグッズが数十個まとめて入っていたり、雑誌の付録やノベルティーグッズなど明らかに商品ではないものが混入していたりと、当たり外れが非常に大きいのがホビー系福袋の特徴だ。はたして2019年の福袋はナニが入っているのだろうか?

駿河屋
ノンジャンルジャンクフィギュア詰め合わせセット 1598円(税抜1480円)

 プライズフィギュア、トレーディングフィギュア、ワンコインフィギュアなどを詰め合わせたセット。作品限定の詰め合わせならともかく、ノンジャンルというのが気になる。しかもその後にジャンクと書いてある。いったいどんなスゴイものが入っているのか確かめたくなり迷わず購入した。

ホビー系の福袋にしては袋が小さめな印象。約1500円の福袋なので大物は期待していないが、それなりの重量があった
中身はフィギュアなどが10点。ヒーロー、ロボット、動物ばかりで、美少女は1点もなし。だが、ジャンクと言うほどヒドイものは入っていない感じ
ドラゴンボールの超サイヤ人3。破れた服や髪の毛の再現度に原型師の意地を感じる。大きさは500mlペットボトルよりやや大きいくらい
BLEACHの日番谷冬獅郎。これと超サイヤ人3がこの福袋の目玉だろう
仮面ライダー龍騎サバイブの特大フィギュア。小学館てれびくん応募者全員サービスでしか手に入らないフィギュアで、アドベントカードも付属している
Zガンダムの胸像。長年部屋に飾られていたのだろう、赤色が色あせている。なるほどジャンク扱いなのもうなずける
スーパーロボット大戦 ハイブリッドアーマー2。パイロットにアーマーを装着するとスーパーロボットにチェンジする仕組み
ONE PIECEのエース幼少期。クレーンゲームのプライズフィギュアだ
ONE PIECEの象剣ファンククリード。タバコのヤニが付きまくっていて、ヤニの色と匂いが強烈だったのが残念
ToLOVEるのロゴをフィギュア化。これをフィギュアと言っていいのか謎だが、ABS樹脂でできているのでフィギュアと言えなくもない
米Kenner製のバットマン。日本製とは異なるダイナミックな造形だ
千と千尋の神隠しに登場したキャラクターたち6体セット。1体の大きさは親指程度

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ