このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

AQUOS zero 開発者が語る自社製OLED搭載スマホの強み

2018年11月28日 12時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

開発者が語る軽量&高性能の「AQUOS zero」
ゼロから設計を見直した自社製OLED搭載モデル

 ソフトバンクが12月上旬以降に発売予定の「AQUOS zero」は、シャープの新たなハイエンドモデルだ。最大の特徴は、大画面6.2型のOLED(有機EL)ディスプレー(1440×2992ピクセル)搭載にもかかわらず、146gという圧倒的な軽さを実現した点だ。ハイエンドSoCのSnapdragon 845や容量3130mAhのバッテリーなどを搭載したハイエンド製品では世界最軽量のモデルとなる。

画像左から通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部主任の篠宮大樹氏、パーソナル通信事業部長の小林繁氏、システム開発部長の前田健次氏

 また、AQUOS zeroはシャープの自社製造による初のOLED(有機EL)採用モデルとしても注目すべきモデルだ。

6.2型大画面ハイエンドながら146gという軽さを実現自社製造のOLED(有機EL)ディスプレーをシャープとして初搭載

 自社製OLEDパネル採用かつ、ハイエンドで軽量なAQUOS zeroを開発した理由について開発者にインタビューを行なった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン