このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スリムボディーに狭額ベゼルディスプレー、スタイリッシュな筐体も魅力

ペン付属で写真のレタッチやメモ作成も快適な4K15.6型2 in 1ノートPC

2018年11月01日 07時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「New XPS 15 2-in-1」

 デルから、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使用できる2-in-1パソコンの新製品「New XPS 15 2-in-1」」が登場した。わずか4.7mmという極薄ベゼルの採用により、15.6型ディスプレーを搭載しながら14型相当のコンパクトなボディーを実現しているほか、Adobe RGBカバー率100%の4KディスプレーやRadeon RX Vega Mを搭載するなど、フラグシップ機ならではの性能の高さが大きな特徴。

 今回、New XPS 15 2-in-1の実機を試す機会を得たので、実際の使い勝手やパフォーマンスなどを2回にわたって紹介していこう。

15.6型でありながら2kgを切るボディー

アルミ削り出しの天板を採用した上質なデザインが特徴

 ここ最近のデルのノートパソコンといえば、ベゼル幅が細いフレームレスディスプレーが特徴の1つになっている。なかでもNew XPS 15 2-in-1は、およそ4.7mmという極細ベゼルを採用しており、一般的な14型ノートPCとほぼ同じサイズ感を実現。具体的には、およそ幅354×奥行き235×高さ9~15mm、重量約1.98kgとなっている。

ボトムケースもアルミ削り出し。左上と右上にあるスリット部分がステレオスピーカーになっている
本体の厚みはおよそ9~15mmで、15.6型ノートパソコンとしてはかなりスリム

 直販サイトのラインナップは、フルHDを採用する「プレミアム」モデルと、4K液晶ディスプレーを採用した「プラチナ・4Kタッチパネル」の2モデルにわかれ、後者はさらにメモリーやストレージ容量を増量したモデルも用意されている。基本となる2モデルのおもなスペックは次のとおりだ。

New XPS 15 2-in-1の主なスペック
モデル名 プレミアム プラチナ・4Kタッチパネル
CPU Core i7-8705G(3.1GHz、4コア/8スレッド)
グラフィックス Radeon RX Vega M GLグラフィックス(4GB HBM2 グラフィックス メモリー付き)
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD
ディスプレー フルHD(タッチ対応/sRGB100%) 4K-UHD(タッチ対応/AdobeRGB100%)
バッテリー 6セル、75Whr
重量 1.98kg

 ディスプレーの解像度とストレージ容量以外はほぼ共通で、いずれのモデルにも感圧性や応答性を改善した新型のスタイラスペン「Dell プレミアム アクティブ ペン」が同梱されている。

 インターフェースも全モデル共通で、本体左側面にThunderbolt 3(電力供給およびDisplayPort対応)×2、microSDカードリーダー、本体右側面にUSB Type-C 3.1端子(電力供給およびDisplayPort対応)×2、ヘッドセットジャック、Nobleロックスロットを配置している。Thunderbolt 3はPCIe Gen3の4レーンとなっており、最大40Gbpsの高速なデータ転送が可能だ。また、USB Type-CをType-Aに変換するアダプターも付属する。

本体左側面には、Thunderbolt 3(電力供給およびDisplayPort対応)×2、microSDカードリーダーが搭載されている
本体右側面には、USB Type-C 3.1端子(電力供給およびDisplayPort対応)×2、ヘッドセットジャック、Nobleロックスロットが搭載されている
USB Type-CをType-Aに変換するアダプターも付属する

 このほか、ディスプレー下側のベゼルにはWindows Helloの生体認証に対応した赤外線カメラが、キーボード奥には電源ボタンに内蔵された指紋認証リーダーが搭載されており、指紋や顔認証で手軽にログインできるようになっている。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー