このページの本文へ

USBポートがあればどこでも乾燥を予防できる

室内でも車内でも乾燥予防ができるUSB加湿器

2018年10月31日 18時30分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USB加湿器

 上海問屋は10月31日、室内でも車内のドリンクホルダーでも使える「USB加湿器」を発売した。価格は1618円。

パソコンに接続できる

車に設置されたUSBポートにも接続できる

 乾燥の季節やドライアイ対策、風邪予防に最適な加湿器。室内はもちろんのこと、車内のドリンクホルダーに設置できるという。電源はUSB給電を採用しているため、車のシガーソケットに設置したUSBポートやパソコンに接続して使用できるとのこと。

 連続噴射と、3秒間で噴射と停止を繰り返すリズム噴射という2種類の加湿方法を用意。電源スイッチによる切り替えのほか、連続噴射では約4時間、リズム噴射では約8時間で自動停止する機能を搭載しているという。そのほか、7色のLEDが自動で切り替わるグラデーション点灯、好きな1色で固定、消灯を選択可能としている。

 本体サイズは約高さ146×直径(上部)69×直径(下部)61mmで、重さは約143g。タンクの容量は約230ml。加湿量は約35ml/h。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ