このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る 第31回

VAIO Secure SIM:VPNよりもセキュリティが高い仕組みとして提案

LTE over IPがもたらす通信の働き方改革

2018年08月06日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マシンの持ち出し禁止解除に悩む企業は多い

↑VAIOのPC事業部商品企画担当の黒崎大輔氏

 VAIOが昨年9月にLTE-Xとの共同開発を発表した時点では、まだLTE-Xのもつ技術をどう活かすか考えている状態だったという。そもそもLTE-Xは、LTE over IPをIoT機器向けの技術と考えていた。たとえば監視カメラでの通信をLTE over IPを利用すれば、LTE回線を使わなくても高いセキュリティを確保しつつ、通信費を抑えられる。

 そこへVAIOが、PCのリモートアクセスにも応用できるのではと考え提携。VAIOとしてはLTEモジュールを搭載したマシンを推進させたかったので、それとどう組み合わせるかが難しかったそうだ。VAIOのPC事業部商品企画担当の黒崎大輔氏は以下のように述べる。

黒崎 「これから新しくモバイルワークを始めるところはまだ結構あって、持ち出し禁止というところが多い。そういったお客さんの課題は、社員は難しいことはできないという状況で、マシンを外へ持ち出すとなると、いろいろと面倒なことが発生するのではないかという懸念。このVAIO Secure SIMは、利用するためにエンドユーザーは何も覚える必要がなく、今まで通りの使い方をすればよく、あとはこのソリューションが勝手にセキュアネットワークを構築するので、エンドユーザーのリテラシーに左右されないのが最大の売りです。

 VPNを使っているお客さんも、管理が煩わしかったりする。VAIOとしてはLTEモジュールを搭載できるので、閉域SIMと組み合わせて利用してもらうというのも1つの選択肢としてある。ただ、お客様の声を聞くと閉域SIMは海外へ行ったときに困るそうで、いろいろと通信網があるなか、閉域SIMの欠点を補えるソリューションはないかと考えたときに、LTE-Xの技術に行き当たったわけです」

 IPネットワークならどこでも仮想LTEプロトコルで接続する。

 正確に言うとソフト的なSIMで実現できるため物理的なSIMは必要ない。ただ、どこからでもネットワークにアクセスできるモバイルワークとして利用することを考えると、LTEモジュールが搭載されたマシンが最適。今回、物理的なSIMとソフト的なSIMとの連携認証を共同で開発することで実現したわけだ。

 モバイルワークを推進して、マシンの社外持ち出し禁止をやめたいが、どうすればいいのかわからないという企業にとって、今回の「VAIO Secure SIM」は、エンドユーザーに負担をかけず、高度なセキュリティが確保できるという点で、とても参考になるのではないだろうか。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ