このページの本文へ

AVerMedia「Live Gamer 4K(GC573)」、「Live Gamer ULTRA(GC553)」

4K/60p/HDR対応のゲームキャプチャー2モデルがAVerMediaから

2018年07月19日 23時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AVerMediaの4K/HDR対応ゲームキャプチャー「Live Gamer 4K(GC573)」および「Live Gamer ULTRA(GC553)」が入荷。20日から販売がスタートする。

20日から販売がスタートする、4K/HDR対応ゲームキャプチャー「Live Gamer 4K(GC573)」および「Live Gamer ULTRA(GC553)」

 COMPUTEX TAIPEI 2018でも展示されていたAVerMedia製ゲームキャプチャーの新モデル。

 拡張カード型の「Live Gamer 4K(GC573)」は、最大で4K/60p/HDRのの高画質録画およびパススルーをサポートするPCI Express(2.0) x4インターフェース対応モデル。1080p/240fpsのハイフレームレート録画にも対応しており、なめらかな映像で録画可能だ。

拡張カード型の「Live Gamer 4K(GC573)」。1080p/240fpsのハイフレームレート録画にも対応しており、なめらかな映像で録画可能

 端子はHDMI入力、およびパススルー用のHDMI出力の2つ。動作環境としてCPUはインテル第6世代Core i5以上、GPUはNVIDIA GeForce GTX 1060以上、メモリーは8GB(デュアルチャネル)以上が必要と高いスペックが要求される点には注意が必要。

本体カードはRGB LEDを搭載。HDMI 2.0ケーブルも付属する

 なお、配信・録画ソフトの最新バージョンとなる「RECentral 4」が付属。1つの画面に重ねて配置できる「マルチモード」に対応し、簡単設定で、録画・配信画面のカスタマイズが可能。ニコニコ生放送、Twitch、YouTube、Facebookなどの各種動画配信サービスに対応する。また、ビデオ編集ソフトとして、CyberLink社製「PowerDirector 15 for AVerMedia」のライセンスキーコードも付属している。

 「Live Gamer ULTRA(GC553)」は、コンパクトで使いやすいUSB 3.1(Gen 1)対応の外付けモデル。最大4K/30p録画に対応し(HDR非対応。パススルーは4K/60p/HDRに対応)、解像度2560×1440ドットの場合は60fps(パススルーは144fpsまで対応)、フルHDなら60fpsでHDR対応、もしくはHDRなしで120fpsまで(パススルーは240fpsまで)。

USB 3.1(Gen 1)対応の外付けモデル「Live Gamer ULTRA(GC553)」

 ノートPCでも使える手軽さがウリだが、Core i7-7700HQ以上、GeForce GTX 1050 Ti以上、メモリーが8GB(デュアルチャネル)以上とこちらも要求スペックは高い。

サイズは112.6(W)×66.2(D)×26(H)mmとコンパクト。ノートPCでも使える手軽さがウリ

 価格は「Live Gamer 4K(GC573)」が約3万9750円。「Live Gamer ULTRA(GC553)」が約3万3270円。パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、TSUKUMO eX.で販売予定となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中