このページの本文へ

上海問屋「デュアルドライバ3Dヘッドフォン」

4980円とお手頃価格なデュアルドライバ仕様のヘッドフォン

2018年06月28日 22時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、デュアルドライバ仕様の「デュアルドライバ3Dヘッドフォン」(型番:DN-915278)が発売された。

デュアルドライバ仕様の「デュアルドライバ3Dヘッドフォン」

 40mmと23mmの大小2つのドライバを独自のテクノロジーに基づいたレイアウトで配置。自然で臨場感あふれる3Dサウンドを実現したという、デュアルドライバ3Dヘッドフォン。映画やゲーム、ライブ音源、VRアプリのサウンドに適しているとしている。

価格は4980円(税抜)と手頃。映画やゲーム用として気軽に使える

 基本スペックは再生周波数帯域20Hz~20kHz、感度108dB(±3)、インピーダンス32Ω。接続端子は3.5mm3極ミニプラグで、ケーブル長は約150cm、重量約309。

40mmと23mmの大小2つのドライバを独自のテクノロジーに基づいたレイアウトで配置した

 価格はドスパラ秋葉原別館で4980円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ