このページの本文へ

ASCII 夏のベストセレクション 2018第5回

価格・性能・軽さどれを取っても文句なし!

ムラリンがお勧め、14型ノートLG gramが2018年夏の最適解だった件

2018年07月18日 13時00分更新

文● ムラリン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

買ったノートPCが大正解だったのでお勧めしたい

 久しぶりにノートPCを買った。いろいろ悩んだ挙げ句、私が選んだのは14型の「LG gram」2018年モデルだ。

 理由はいくつかある。

 まず、常に持ち運んで使いたいということ。14型LG gram(以下LG gram)の重量は995g。1kgを切る重さというのはかなりインパクトがある。というか、持った瞬間「軽!」という衝撃が走るレベル。このあたりは、実際に量販店の店頭などで実物を持ってみてほしいのだけれど、これなら1日中持ち歩いても苦にならないだろうと容易に想像できる。

 次にデザイン。これは使う人の好みにもよると思うが、その真っ白なボディーに強く惹かれた。なんなら女子が持ってもいい感じなのではないか。テレワークやモバイルワークが当たり前になってくると、外出先でPCを利用するシーンが増える。ノマド的にカフェでお仕事なんてときも、お定まりのブラックやシルバーのモデルでは味気ないし、赤や青など主張が強すぎるカラーもどうかと思っていた私には、この純白ボディーはかなり好印象だったのだ。

純白ボディーにシルバーのロゴがかっこいい。惚れた!

 ボディーの材質はナノカーボンで、MIL-STD 810G テスト(アメリカ国防総省制定のミリタリーテスト)をクリアーし、堅牢性はお墨付き。ただ、ちょっと心配なのは、表面がマット仕上げですぐ汚れてしまいそうかな?と感じさせられるところだ。とはいえ、購入後、2週間ほど使ってみているが、変わらず純白ボディーを保てているし、少しの汚れはきれいに拭き取ることができるので、それほど心配はいらないかもしれない。

 性能面は、2018年モデルということで第8世代クアッドコアCPU、インテルCore i5-8250Uプロセッサを搭載。処理速度は申し分なし。メモリーとSSDは選択できるのだが、私が選んだのはメモリー8GB、SSD 256GBのモデル。モバイル利用だけ考えたら、メモリー4GB、SSDも128GBでも十分かもしれないが、私が今回ノートPCを新調し、ちょっと驕った仕様にしたのにはわけがある。

モバイルとデスクトップの両立には14型がイイ!

 それはモバイル利用とデスクトップ利用の両立だ。つまり、自宅の書斎やオフィスでも、このLG gramをメインPCとして利用したいと考えたわけ。

 となると、ひとつ下のサイズの13.3型モデルでは画面が狭すぎる。もちろん、デスクトップ利用の際には外部ディスプレーをつないで利用することもできるのだけれど、モバイル利用時でも画面は広いほうがいい。

 実際14型ノートでの作業は快適だ。PCでの作業の大半が原稿書きと画像編集の私にとって、左に参照用ウェブブラウザー、右にテキストエディタを、それぞれそれなりの大きさで表示しておいて作業できるだけで、かなり作業効率がいい。最大表示解像度は1920×1080ドットのフルHD。これだと文字が小さすぎるので、私の場合は文字表示サイズを120%で表示させている。

日常使いでこんな感じ。あまり狭さは感じない

 もうひとつおまけになるが、13型モデルだと、画面下のベゼル部分に大きく「LG」のロゴがあるのだけれど、14型モデルでは、画面下部のベゼルも狭くなっていて、このロゴもあまり主張せずいい感じなのだ。

 15型だと大きすぎて持ち運んで使うには持て余し、13型以下だと画面が狭くて作業効率が悪い。14型ノートは、まさにいいとこどりなノートPCなのだ。

 キーボードはバックライト付きの83キー。余計なキーがなくてミスタイプも少ない。Windowsキーが一番左端ではなく、FnキーとAltキーの間にあるのも、うっかりメニューを表示させてしまうようなミスがなくてありがたい。キータッチはあまり癖がなく、ほどほどの打鍵感があり、打ちやすい。

キーボードは慣れれば快適。下部ベゼルのLGロゴが主張し過ぎないのも○

決め手は長時間駆動のバッテリー

 そしてこれがLG gramを選んだ最大の決め手と言ってもいいのだけれど、バッテリー持ちがすこぶるいいのだ。満充電時の公称値で26時間。つまりまる1日以上もつ、ということなのだけれど、さすがに26時間とは言わないまでも、電源周りがめちゃくちゃ優秀なのは間違いない。半日以上は余裕で使い倒せる。ちなみに、この原稿を書いているこのとき、バッテリーの残りは76%で、予想残り駆動時間は16時間37分となっている。

バッテリー残量がストレスフリーになるだけで、こんなにもモバイルが快適になるとは思わなかった

 これまで利用してきたモバイルノートは、充電なしでレジューム状態にして一晩カバンに入れっぱなし、なんて状態だと、翌日にはほとんど電池が残っていなかったのだが、LG gramなら、今ここで閉じて一晩放置し翌朝開いても、まだ60%以上の電池残量がある。また、急速充電対応なので、わずか20分の充電で3時間以上利用時間を伸ばすことができる。

 バッテリー寿命を伸ばすため、あえて満充電せずに80%充電にすることも可能で、私もこの設定にしている。この状態で、バッテリーがほぼすっからかんの状態から80%充電まで、およそ2時間半で完了する。

プリインストールの「LG Control Center」は、ファンクションキー一発ですぐに呼び出せ、様々な設定が可能な優れものツール。ぜひ利用しよう

 バッテリーに関してもうひとつ利点を挙げておくと、搭載されたUSB Type-C端子がUSB Power Deliveryに対応しており、モバイルバッテリー経由でも充電が可能。ただし、これには条件があって、20V、40W以上の給電が可能なモバイルバッテリーに限る。現状、外で充電したい!という状況になったことがないので、私はまだ入手していないが、万が一のときのことを考えて、また、スマホの充電用にひとつモバイルバッテリーを持ち歩くのなら、これに準拠したものを選んておくといいかもしれない。

USB PD対応のType-C端子を搭載し、モバイルバッテリーからの給電もOK!

 最後にお値段の話。私の購入した14型LG gramは、実勢価格14万5000円前後、4GBメモリー、128GB SSDモデルで12万6000円前後といったところだ。同価格帯のMacBook Proだと13型モデルのデュアルコア。スタバでドヤるのが目的ならそれもいいかもしれないが、同じお金を出すなら、実利を取ってLG gramを選択しておくのがよいのではないかと思う。

 実際のところ、世界のノートPC市場を鑑みると、No.1シェアを握っているのがHPで約22.8%。第2位はLenovoで約21.2%。DELLが14.3%で3位。ASUS、apple、acerと続き、その他のメーカーで残りの14.2%を分け合っている状態だという(TrendForce調べ)。もちろん、PC発売に関してかなり後発のLGは“エ”の字も出てきてはいないが、実際に購入したユーザーの評判はすこぶるいい。曰く「もっと評価されていい機種」「なぜこのPCが売れていないのか不思議」。前年までのモデルでは、英字キーボードしかなく、それが使いづらさにつながっていると評する向きもあったが、2018年モデルでは、しっかり日本語キーボード化されていて問題なし。「LGのPC?」といぶかしむ方はぜひ店頭で実機を触ってみて欲しい。2018年夏にノートPCの購入を予定しているなら、自信をもっておすすめできる1台だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン