このページの本文へ

JR東日本、車内に防犯カメラを設置

2018年04月04日 16時15分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JR東日本は4月3日、新たに製造するすべての旅客車両に、車内防犯カメラを設置すると発表した。

 また、一部の車両では、改造で車内防犯カメラを設置する。E353系中央線特急は2018年度冬以降、順次設置予定(投入済87両)、E657系常磐線特急は2018年度冬以降、順次設置予定(全170両)、E259系成田エクスプレスは2019年度春以降、順次設置予定(全132両)。

 防犯カメラの映像は関係法令や社内規程などにもとづき、厳正に取り扱うことを関係社員などに徹底するという。また、車内防犯カメラを設置する車両には、車内防犯カメラが作動中であることをステッカーで知らせるとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン