このページの本文へ

春のヘッドフォン/イヤフォン買い替え計画 第1回

この春のベストバイなヘッドフォンを選ぶ!

2018年04月02日 12時00分更新

文● 鳥居一豊、編集●ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワイヤレスで軽快感バツグン!
聴きやすい音が魅力のソニー「WH-CH400」

ソニー「WH-CH400」

ソニー「WH-CH400」。シンプルなフォルムで、約107gと軽量なこともあって軽快感に優れている。カラーは赤、青、白、黒の4色

 続いては、同じくオンイヤー型のコンパクトなモデルとなるソニーの「WH-CH400」(実売価格 5800円前後)。

 Bluetooth対応ながらもかなりコンパクトになっており、そのぶん、折り畳み機構などはないシンプルな作りとなっている。

イヤーパッドを取り外した状態。銀色の30mmドライバーがあるのがわかる

左側のハウジング部に電源ボタンや再生操作ボタン、充電用のmicroUSB端子などを備える。NFC(Bluetoothペアリング用)にも対応している

左側のハウジング部に電源ボタンや再生操作ボタン、充電用のmicroUSB端子などを備える。NFC(Bluetoothペアリング用)にも対応している

 ワイヤレスモデルとしてはかなりお手頃な価格なので、ワイヤレスモデルが欲しいけど、価格が高いのが残念……と思っている人には注目だ。ドライバーユニットは口径30mmのダイナミック型となっている。

 BluetoothはSBCとAACコーデックに対応。バッテリー寿命も20時間と十分な長さとなっている。また、スマホの着信時でもそのまま通話ができるハンズフリー機能を備え、スマホの音声アシスタント機能を起動して音声で操作することも可能だ。

中低域が充実したメリハリのある音

WH-CH400の装着イメージ

WH-CH400の装着イメージ

 このモデルの魅力はなんといっても軽快さ。約107gの軽量設計でコンパクトなだけでなく、気軽に持ち歩いて使える。オンイヤー型で耳に乗せるように装着するが、厚めのイヤーパッドが柔らかくフィットするので、耳が圧迫されるような感じは少ない。

 そして、音はメリハリのある聴きやすいまとめ方になっている。低域はそれほど伸びるわけではないが、中低域が充実し弾むようにリズムを刻むので不満は少ない。

 ボーカルもカチッとした歯切れのよい再現で、クリアーな声を楽しめる。なにより、Bluetooth伝送の音の荒れた感じが少なく、細かな音もそれなりに出しながらノイジーな感じにならず聴きやすい。

 ワイヤレスで安価なモデルは音質の点では心配になることがあるのだが、本機については音質の点でも十分に満足できる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画