このページの本文へ

上位機種は3レベルのノイキャン搭載

aptX HDとLDACに両対応するヘッドフォンがパナソニックから

2018年01月30日 18時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは1月29日、ワイヤレスヘッドフォン2機種「RP-HD600N」「RP-HD500B」を発表した。発売日は2月22日で、価格はRP-HD600Nが3万5640円前後、RP-HD500Bが2万8080円前後

「ハイレゾ相当」をうたうワイヤレス伝送に対応する「aptX HD」「LDAC」に対応。イヤーパッド部は人間工学に基づいて頭や耳の位置にフィットするという3Dボールジョイント機構を採用した。パッド自体も低反発ウレタンフォームで、人間工学に基づいて設計された「3Dイヤーパッド」形状だという。ヘッドフォン本体は折りたたみ収納が可能。

 HD600Nは外部の騒音状態に合わせて効果を選択できる、3つのノイズキャンセリングモードを搭載した信号処理回路を搭載。また、ヘッドフォンを着けたままワンタッチで周囲の音が取り込める「ボイススルー機能」も搭載した。音声アシスタントも使えるほか、Bluetoothは2台の機器を同時接続できる「マルチポイント」に対応する。

 ドライバーユニットはいずれも40mm。連続再生時間はHD600Nがおよそ20時間(ノイズキャンセルON)で、HD500Bがおよそ35時間。重量はHD600Nがおよそ268g、HD500Bがおよそ266g。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画