このページの本文へ

Deepcool「QUADSTELLAR」

あの四ツ葉型PCケース「QUADSTELLAR」がまもなくデビュー!

2018年03月27日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2017で話題となったDeepcoolの四ツ葉型PCケース「QUADSTELLAR」がドスパラ秋葉原本店に入荷。まもなく販売がスタートする予定だ。

国内デビューが決まったDeepcoolの四ツ葉型PCケース「QUADSTELLAR」

 「QUADSTELLAR」は、4つの独立したキャビンから構成されるPCケース。前モデル「TRISTELLER」からキャビンが1つ増えたことで、さらに迫力満点な外観に。スペック面ではE-ATXマザーボードの搭載が可能になるなど拡張性もアップしている。

ロボ感というかSF感を醸し出す本体はデカクで大迫力。フロントのRGB LEDはASUSのイルミネーション管理機能「AURA SYNC」に対応する

 本体は、スマホからも制御可能なRGBイルミネーションやファンコントロール機能を装備。さらにフロントにある4つのカバーは、ケース内温度に連動して自動で開くギミックも備えている。

背面側とマザーボードベースの様子。E-ATXマザーボードの搭載が可能だ

 本体サイズは483(W)×538(D)×493(H)mm、重量14.5 kg。ベイ数は2.5/3.5インチシャドウ×8、2.5インチシャドウ×5。拡張スロットは8+6段。ビデオカードは全長380mmまで、電源ユニットは奥行き300mmまで、CPUクーラーは高さ110mmまでに対応、フロントに最大360mmサイズのラジエーターを搭載できる。

ビデオカードやシャドウベイの各キャビン

 ドスパラ秋葉原本店によると近日中に展示を始める予定。入荷についても近日としており、予価は4万1980円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ