このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

デスクトップにAstell&Kernサウンド

超小型で音像クッキリ、ACRO L1000+S1000の高音質を体験する

2018年03月16日 11時00分更新

文● きゅう 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハイレゾプレーヤーから、デスクトップオーディオもサポートするAstell&Kernへ。そんな方向感を示しているのが、新シリーズ「ACRO」だ。発売は3月24日。代理店アユートの直販サイト“アキハバラ e市場”の価格は12万9980円(ペア)だ。

 国内でも昨年からUSB DAC、ヘッドフォンアンプ、そしてスピーカー出力機能まで備えた「ACRO L1000」の販売が始まっている。そしてACRO L1000との組み合わせに適した小型スピーカーとして正式発表されたのが「ACRO S1000」だ。

 ACRO L1000と同じアルミニウム筐体に0.75インチのツィーターと、2インチのミッドレンジユニットを取り入れた、2ウェイバスレフタイプのスピーカーだ。本体サイズは幅約109.8×奥行き137.8×高さ138㎜と小型で、スペースが限られたパソコンのデスク周りにも十分置けるサイズだ。重量は約1.95kgだが、ひやっとした金属独特の感触と密度感があり、持つとずっしりとした手ごたえがある。オーディオ機器では重く、不要な振動が出ない点も重要になるので、安心感がある。

ツイーターを外側に置けば、より広い空間を感じられる

 高さを抑えた直方体のボディーに「AK240」や「AK380」をほうふつとさせるガンメタ塗装を施している。一方で、円筒形のツィーター部分がにゅっと半分はみ出しており、中心もウーファーの軸に対して外側にズレている。個性的というか、独特な雰囲気だ。ツィーターにはハニカム状にくりぬいたメタルカバーが、はめ殺しでついている。ケブラーを使用したウーファー部はむき出しになっている。

 ちなみにバスレフポートの開孔口はツィーターを収めた円筒の真後ろに配置してある。省スペース性のためか、別の理由があるのか。Hi-Fi向けスピーカーではあまり見かけない構造と言えそうだ。背面のスピーカー端子はバナナプラグにも対応する。

それぞれを背面からみたところ
バナナプラグ対応だ

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン